韓国人の子ども10人を含む、少なくとも12人が死亡したバスの衝突事故が発生した中国・山東省威海の位置を示した図。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、図解追加)中国東部の山東省(Shandong)で9日、スクールバスがトンネル内で衝突事故を起こして炎上し、主に韓国人の子どもたちが通う幼稚園の園児10人を含む12人が死亡した。当局およびメディアが発表した。

 青島(Qingdao)の韓国領事館がAFPに明らかにしたところによると、犠牲になった子どもたちは4歳から7歳で、同省の威海(Weihai)に住んでいたという。

 一方、威海市当局はウェブサイト上で、この事故で12人が死亡し、さらにもう1人が重傷を負ったと明らかにした。

 新華社(Xinhua)通信によると、バスは現地時間午前9時(日本時間同日午前10時)ごろ、トンネル内で炎上したという。

 当局は、園児以外の犠牲者2人および重傷者1人の国籍を明らかにしていないが、韓国の聯合(Yonhap)ニュースが北京(Beijing)の韓国大使館の話として伝えたところによると、先の2人は中国人の子どもとバスの運転手で、負傷者は教員だったとしている。
【翻訳編集】AFPBB News