鮮やかなグリーンが映える

写真拡大

龍名館(千代田区神田駿河台)にある日本茶レストラン「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」は、新作の「和紅茶ビール」や定番の「抹茶ビール」など10種のビールと「抹茶ワイン」の飲み放題が楽しめる「抹茶ビアガーデン」を、2017年6月1日〜9月30日の期間開業する。

「抹茶ビアガーデン」は今年3回目。昨年は抹茶ビール約7200杯が出た人気イベントだ。

味見したい「和紅茶ビール」

今年の新作ビールは、国産の紅茶「和紅茶」をビールに独自ブレンドした「和紅茶ビール」と「和紅茶黒ビール」。和紅茶ビールは、自然な甘みと華やかな香りが、ビールの苦みと調和する新感覚の味わい。定番の「抹茶ビール」は、麦と抹茶の苦さのハーモニーが絶妙なビールで、深い緑色の強烈な見た目とヘルシーさ、意外な美味しさで人気の一杯だ。

飲み放題は、「抹茶ビール」「抹茶黒ビール」「ノンアル抹茶ビール」「ほうじ茶黒ビール」「和紅茶ビール」「和紅茶黒ビール」「ビール」「黒ビール」「ハーフ&ハーフ」「ノンアルコールビール」のビール10種と、「瓶ビール」「抹茶ワイン」、ソフトドリンク各種。

10種のビールは、専属のお茶の専門家「茶バリエ」が丁寧に作る。

フードメニューも、茶燻製、茶豆など「お茶まみ」3品盛り合わせた「抹茶ビアガーデンセット」(1500円)や、「緑茶ソーセージ」(700円)「抹茶ポテサラ」(680円)などユニークなお茶料理13品がそろう。フードは別料金。

飲んでも食べても抹茶づくし、というわけだ。

価格は、飲み放題3500円(公式サイトからの予約で3000円)。2時間制。

5月9日から、電話(03-3251-1150)と公式サイトで予約受付中。予約は2部制で、17時〜18時入店、19時30分〜20時入店から選べる。