浦和レッズDF森脇良太、Jリーグからの処分が決定

写真拡大

先日行われたJ1リーグ第10節では、浦和レッズDF森脇良太の言動が問題となった。

これに対して、Jリーグは森脇に2試合の出場停止処分を科した。その理由については、こう発表されている。

Jリーグ規律委員会

2017年5月4日(木・祝)2017明治安田生命J1リーグ 第10節(浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ)の試合において森脇 良太選手が相手選手に対して不適切な発言をした疑いがある旨、マッチコミッショナーより報告を受けた。

かかる報告を受けて、規律委員会にてマッチコミッショナーおよび審判員からの報告書、試合映像を基に検証の上、同選手に対してヒアリングを行うなど、事実関係の確認を行い、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は、「他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱」に相当すると判断、2試合の出場停止処分とする。

森脇は11節アルビレックス新潟戦(14日)、12節清水エスパルス戦(20日)に出場できない。

この裁定を受けてレッズはHP上で「クラブとして、今後、同様の問題が起きないよう、本人への啓発を強めるなど努めて参ります」などとの声明を発表している。