【バスケット】W杯アジア地区予選組み合わせ発表 日本はグループB

写真拡大

 19年に中国で開催されるFIBAバスケットボールワールドカップ2019(W杯)のアジア地区1次予選の組み合わせと大会概要が発表された。

 1次予選で日本は、オーストラリア、フィリピン、チャイニーズ・タイペイと同組のグループBに入った。

■アジア地区1次予選、2次予選の組み合わせ

<1次予選の組み合わせ>

 1次予選には16チームが参加。グループ分けは以下の通りとなった。

 ・グループA 中国、ニュージーランド、韓国(※1)、香港(※1) ・グループB 日本(※1)、チャイニーズ・タイペイ(※1)、オーストラリア、フィリピン(※2) ・グループC シリア、レバノン、インド、ヨルダン ・グループD イラク、カタール、カザフスタン、イラン

 ※1 日本、韓国、香港、チャイニーズ・タイペイの4チームは第5回東アジアバスケットボール選手権大会(6月3日〜7日、長野県長野市)で上位5チームに入ることで、1次予選の出場権が得られる。

 ※2 フィリピンは、サブゾーン予選を勝ち上がると、1次予選の出場権が得られる。

 各グループ3位までが、18年9月から行われる2次予選に進出。

<2次予選の組み合わせ>

 ・グループE グループA1位、2位、3位 グループC1位、2位、3位 ・グループF グループB1位、2位、3位 グループD1位、2位、3位

 2次予選の上位7チーム(開催国の中国を除く)が、W杯の出場権を獲得。

■開催日程は?

<1次予選>

 ・17年11月23日〜27日 ・18年2月22日〜26日 ・18年6月28日〜7月2日

<2次予選>

 ・18年9月13日〜17日 ・18年11月29日〜12月3日 ・19年2月21日〜25日

 いずれもホーム&アウェイ方式で開催。

■アジア地区予選、日本はどうなる?

 日本が入ったグループBの世界ランクは次のとおり。

 ・オーストラリア 10位 ・フィリピン 27位 ・チャイニーズ・タイペイ 48位 ・日本 48位

 世界ランクで見るとチャイニーズ・タイペイと同順位で、オーストラリアとフィリピンは格上となる。

 特にオーストラリアは五輪・W杯(世界選手権)の常連国。フィリピンも最終予選で敗退して五輪出場は逃したものの、前回のアジア選手権では準優勝しており要注意だ。チャイニーズ・タイペイも近年力をつけており、厳しい戦いが予想される。

 20年には東京五輪が開催される。開催国であれば、開催国枠で出場できると思われがちだが、FIBAはまだ日本の開催国枠での出場権を認めていない。

 開催国枠を与えるかどうかの最終決定権はFIBAにある。開催国枠での出場権を勝ち取るためには、今回のアジア地区予選で上位に入りワールドカップに出場。世界の強豪とも渡り合えるところを見せることが必要だ。

 男子は76年のモントリオール五輪以降、ワールドカップは自国開催の06年以降出場権を獲得していない。7月1日より、アルゼンチン代表ヘッドコーチ(HC)として12年ロンドン五輪4位に導いた、フリオ・ラマスHCが就任。ラマスHCの手腕に期待したい。