写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビールが恋しくなる初夏の5月18〜28日、東京・日比谷公園で日本最大級のビアガーデン「ヒビヤガーデン」を開催。"外ビールが、気持ちイイ!"をテーマに、すがすがしいオープンエアの会場内で世界各国のビールや料理を堪能できる。

何と言っても一番の魅力は、世界各国から選りすぐった上質なビール。王道の「ヒューガルデン ホワイト」、ドイツ最高峰と名高い「アルピルスバッハー」 、国内の人気クラフトビール「東京ホワイト」など、全15の店舗で味自慢の一杯が味わえる。各店には、ビールに好相性な料理も豊富に揃っており、三陸産牡蠣、タンシチュー、特選ステーキとバリエーションも多彩。

「どれを飲んだらいいの……?」そんなビール初心者の女子たちに向けたメニューとして、ヒビヤガーデンアンバサダーたちがピックアップしたおすすめビール4種が味わえる「飲み比べセット」も用意。組み合わせは自由にカスタマイズも可能なので、豊富なビールの中から自分好みの一杯を見つけてみるのも楽しそうだ。

また、ビアガーデンの雰囲気をより盛り上げるのが、豪華アーティストが集結したステージコンテンツ。レゲエグループ「湘南乃風」のメンバー「若旦那」のソロライブ、最先端ポイアートを創出し業界をけん引するクリエイティブチーム「ポイラボ」のパフォーマンスなど、野外イベントにぴったりな出演者たちがアツいステージを繰り広げる。

「ヒビヤガーデン」の開催日時は、5月19〜28日の16〜22時(土日は11時〜)。場所は日比谷公園 噴水広場。入場無料。