写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは5月9日、日本初のIEEE802.11ad対応をうたう無線LANルーター「Nighthawk X10 R9000」を発表した。6月9日の発売を予定し、価格はオープン。店頭予想価格は税込57,800円。

IEEE802.11adは、60GHzのミリ波帯を使用する伝送規格。指向性の高さから障害物に弱く、さらに伝送可能な距離が短いが、広い帯域を確保できるため、従来のIEEE802.11acなどよりも高速な通信が可能となる。「Nighthawk X10 R9000」では、60GHz帯で最大4.6Gbps転送速度を実現するとしている。IEEE 802.11adに対応したデバイスは2017年中に国内市場に投入される見込み。

また、IEEE802.11ac wave2にも対応し、5GHz帯と2.4GHzも同時に利用できる。5GHz帯の最大1,733Mbps、2.4GHz帯の800Mbpsと合わせて、合計で最大7.2Gbpsの高速通信が可能だという。

このほか、複数台の子機が同時に通信可能なMU-MIMOや、2つの周波数帯を中継用と子機接続用に使い分けるFastLaneモードに対応する。

プロセッサは1.7GHzのクアッドコアCPU、インタフェースは、10Gbit対応有線LANポート×1、Gigabit Ethernet対応有線LANポート×6(うち2基はリンクアグリゲーション対応)、WANポート×1、USB 3.0×2。本体サイズはW224×D168×H74mm、重量は1,865g。

○11ac wave2対応のコンセント直挿し型無線LAN中継機も

また、IEEE802,11ac wave2に対応したコンセント直挿し型の無線LAN中継機「Nighthawk X4 EX7300」も合わせて発表した。こちらも6月9日に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込14,980円。

5GHz帯と2.4GHz帯を同時に利用可能なデュアルバンド対応で、5GHz帯の最大1,733Mbps、2.4GHz帯の450Mbpsで、合計2,200Mbpsの通信が可能。Nighthawk X10 R9000と同様にMU-MIMOやFastLaneモードをサポートする。

インタフェースはGigabit Ethernet対応有線LANポート×1。本体サイズはW161×D81.4×H44.5mm、重量は300g。