『ブレードランナー 2049』

写真拡大

 10月27日公開の映画『ブレードランナー 2049』より、最新予告編が公開された。

(参考:『ブレードランナー 2049』最新予告編

 本作は、オリジナル作品『ブレードランナー』の舞台である2019年から30年後の2049年を舞台に、世界に新たな危機が迫る模様を描いたSF映画。前作の監督であるリドリー・スコットが製作総指揮を務め、『メッセージ』で第89回アカデミー賞監督賞にノミネートされたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取った。

 前作で、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のリック・デッカードを演じたハリソン・フォードに加え、今作では新たに参加するライアン・ゴズリングが、新人“ブレードランナー”のKを演じる。物語は、Kが30年間行方不明であったデッカードを探すところからスタートする。

 このたび公開された予告編は、レプリカントの誕生シーンから幕を開ける。システムの秘密を握るジャレッド・レト演じる謎の男や、ロビン・ライト演じる捜査官の女性の発言からは、30年経ってなお、世界は“人間”と“レプリカント”の間に深い溝があることが伺える映像に仕上がっている。

 また、ゴズリングとフォードによる新旧2人のキャラクターを表現したポスター2種も公開されている。

(リアルサウンド編集部)