@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

デイタイム・ランニング・ライトを新たに標準装備 ヘキサゴン・デザイン強調

BMWは、4シリーズを一新し、新型4シリーズ・クーペ、同カブリオレ、同グランクーペを発売した。

新型は、低重心化およびBMW 4シリーズ専用設定のサスペンションによる高いドライビング・ダイナミクスはそのままに、ヘキサゴン・デザインのアダプティブLEDヘッドライトや、LEDテールライトの採用等により、外観をリフレッシュしたのが特徴。

また、インテリアにおいては、マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル、205W / 9スピーカーのHiFiスピーカーなどを採用し、質感をさらに向上させている。

価格は下記の通り。

・2ドアの「クーペ」が、5,730,000円から8,510,000円。
・クーペ・ベースのオープン仕様「カブリオレ」が、9,290,000円から9,470,000円。
・4ドアとハッチゲートを融合した「グランクーペ」が、5,800,000円から8,590,000円。