写真提供:マイナビニュース

写真拡大

元SMAPの中居正広が、8日に放送されたTBS系音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(毎週月曜23:56〜)で、1995年にリリースされたSMAPのアルバム『SMAP 007〜Gold Singer』を「かっこいいんだ」と自画自賛した。

今回、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑がゲスト出演。ゲストの人生を思い出の音楽と共に振り返る「俺の人生チャート〜歴史に歌あり〜」で、澤部は9歳の時に初めて買ったCDが『SMAP 007〜Gold Singer』だったことを明かした。

中居が「初めて聞いたんですけど」と疑い、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で共演した際になぜそのことを言わなかったのか尋ねると、澤部は「そういうの嫌いそうじゃないですか。こいつなんかハマりに来てるなって」と説明した。

そして澤部は、SMAPを好きになったきっかけについて「テレビ、バラエティ、ドラマとかいろいろ見させていただいて、普通に好きになった」と明かし、「『俺はSMAPに将来入る!』って言ってました」と告白。中居が「森に代わって?」とグループを脱退した森且行の名前を出してふざけると、「森さんに代わって入るとは言ってないです」とツッコんだ。

さらに、『SMAP 007〜Gold Singer』を繰り返し聞いていたと澤部が振り返ると、中居も「手前みそだけど、このアルバム良いアルバムなんだよ。大人っぽいのよ。全部生楽器で打ち込みはあんまりやらないって。カッコイイんだ、このアルバム」とうれしそうに自画自賛した。