9日、菅義偉官房長官は記者会見で、韓国で誕生する新政権に対し、慰安婦問題をめぐる日韓合意を着実に実施するよう求めた。資料写真。

写真拡大

2017年5月9日、菅義偉官房長官は記者会見で、韓国で誕生する新政権に対し、慰安婦問題をめぐる日韓合意を着実に実施するよう求めた。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、菅官房長官は「日本と韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国で、大統領選の行方は、特別の関心を持って注視している」とし、「韓国新政権も日韓合意を着実に実施するとともに、さまざまな分野で日韓協力を進めていきたい」と述べた。

大統領選の有力候補が、日韓合意の再交渉を主張していることについては「合意は日韓両国間で約束したものというだけでなく、国際社会からも高く評価をされたものだ。日本政府は韓国側に着実な実施を求めていく」と述べた。(翻訳・編集/柳川)