写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は5月9日、総合情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」の新ラインアップとして、標的型攻撃対策を強化したWebフィルタリングソフト「GUARDIANWALL WebFilter」を5月29日より提供開始すると発表した。

「GUARDIANWALL WebFilter」は、URLフィルタリングによるアクセス先制限機能に加え、送信データ(Webメール/SNS/掲示板/オンラインストレージなど)のコンテンツフィルタリング機能も備えたWeb通信を対象とした情報漏えい対策ソリューション。企業のWeb通信の出入り口にあたるプロキシーサーバとして動作し、暗号化通信(HTTPS)を含むWeb経由で送信されたすべての内容を保存・閲覧することも可能となっている。

主な特徴として、「社外への不正な通信を検知・遮断して情報漏洩や外部からの侵入操作の防止」「ウイルス対策製品との連携によるマルウェアのダウンロード遮断」「許可されていないアカウントによるクラウドサービスへのアクセス制御」がある。

標的型攻撃などに用いられる不正な通信(コネクトバック通信)を検知し遮断することで、情報漏えい事故や外部からの操作による感染端末の拡大を防ぎ、マルウェア感染が疑われる社内端末を特定することができる。

また、プロキシの認証結果ログにより、認証に失敗している通信を速やかに抽出・発見することが可能。

そのほか、ウイルス対策製品連携(ICAP連携)に対応したウイルス対策製品と連携が可能になったことに加え、Googleが提供するアクセス管理機能に対応し、会社指定のアカウント以外でのGoogleサービスへのログインを禁止することができるようになった。

「GUARDIANWALL WebFilter 一般向けライセンス」の価格(税別)はユーザー数で異なり、25ユーザーまでの新規通常価格(契約期間1年)は10万円となっている。

(辻)