ソーシャル疲れに対するビョークならではのアドバイスとは……?

写真拡大

 ビョークは非凡なミュージシャンであり、技術の革新者であり、音楽とヴィジュアル・アートとバーチャル・リアリティ(VR)をリンクさせる新たな方法を模索し続けるパイオニアでもある。そんな彼女でもSNS疲れを感じることがあると、ピッチフォークとの最新インタビューで明かしている。

 「Facebookを長時間読んでいると、ハンバーガーを3つ食べてしまったかのような気分になってくる。体に悪いってみんな分かってる。私は友人たちにいつもこうアドバイスするの。1時間散歩して、戻ってきた時にどういう気持ちになっているか試してみれば、って。人は外に出る必要があるようにできてるんじゃないかな。私はアイスランドで育っていて、雪だろうが雨だろうが1日中外にいたものだった。自分を楽しませようよ。何かしようよ。私は技術に人間らしさや魂を入れるべきだと思ってる。人と近づく為、もっとクリエイティブになる為に技術を使うべき」と彼女は語っている。

 このインタビューでは他にも、曲のアレンジはほとんど自分でやっていることを明かし、最近開催されたニューヨーク近代美術館での回顧展の舞台裏について振り返っている。また、トランプ米大統領の誕生について「精神的に打ちのめされた、みんなと同じように」と感想を述べ、ビル・ゲイツに対しては地球の海をきれいにしてみろと挑んでいる。そして、VRのような最新技術が、テクノロジーに携わる女性に対して示せる可能性について語っている。