日系車は安全でない――。これはずいぶん前から中国の一部の消費者たちの間でささやかれてきたフレーズだ。中国で「日系車は安全ではない」というデマが広まった理由の1つは、衝突事故の現場を撮影した写真だと言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日系車は安全でない――。これはずいぶん前から中国の一部の消費者たちの間でささやかれてきたフレーズだ。中国で「日系車は安全ではない」というデマが広まった理由の1つは、衝突事故の現場を撮影した写真だと言える。

 衝突事故の現場を撮影した写真には日系車とドイツ車などが衝突した事故の様子が写し出されており、日系車のボディは大きく変形しているのに対して、相手の車のボディはほとんど変形していない様子が収められている。日本に対して反感を持つ一部の中国人は、事故の状況もよく考慮せぬまま、ボディの変形度合いだけで「日系車は安全性に劣る」などと主張するため、その主張を鵜呑みにしてしまう中国人は少なからず存在する。

 しかし、中国メディアの今日頭条は2日付で、日系車が安全でないとする見方は「誤解」であり、衝突事故の現場を撮影した写真をもとに日系車の安全性に疑問を投げかけるのは「間違っている」と論じる記事を掲載した。

 記事は、多くの中国人消費者は日系車のエンジン性能や燃費性能には「敬服せざるを得ない」と感じているものの、ボディの安全性については懐疑的な見方があると紹介。しかし「日系車が衝突時に簡単に変形するのは衝撃を吸収するためである」と説明、「衝突時にボディーを犠牲にして、乗員の安全を確保しているのだ」と論じた。

 逆に言えば衝突時にボディーが大きく変形しないということは乗員に対して衝突のエネルギーが伝達する可能性が大きいことを意味するとし、従って日系車の安全性は確かに高いと言えると説明した。

 衝突時にボディーが大きく変形しなければ、事故が起きても廃車にする必要がなく、多額の修理費も不要となるかもしれない。しかし、衝突のエネルギーが乗員に伝わり、命を失ってしまっては元も子もない。自動車を所有することが珍しいことではなくなった中国だが、車に対する正確な知識もより普及していくことを願いたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)