写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エムオーテックス(MOTEX)は5月8日、IT資産管理・情報漏洩対策ツールである「LanScope Cat」の、AI(人工知能)を利用する新オプションのβ版を公開した。これに合わせ、トライアル・ユーザーを数社募集する。

新機能では、LanScopeで収集したPC操作ログから持ち出し操作の自動検出・持ち出しまでの経路追跡に加え、独自のアルゴリズムおよび機械学習エンジンで分析を行い、情報漏洩リスクのスコアリングが可能になるという。

研究開発段階で協力を受けている企業からは「これまでのチェック体制では気付くことができなかった『公認のUSBメモリを使って自宅にデータを持ち帰って仕事をしている操作』を発見できた」「社外秘のファイルの名前を変えてメール添付し、自分の個人メールアドレスに送るという一連の操作をすぐに発見できた。これまでは手動の追跡機能を使わないといけなかったので見逃さずに確認できているか心配があった」などの導入効果が同社に寄せられているという。

(山本善之介)