「カノジョは嘘を愛しすぎてる」イ・ヒョヌ、Red Velvet ジョイが見守る中記者会見を開く

写真拡大 (全2枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」でイ・ヒョヌはグループCRUDE PLAYを無事に守り、Red Velvetのジョイとハッピーエンドを迎えることができるだろうか。本日(9日) 放送される最終回では果たしてどのような話が描かれるのか、目が離せない展開になりそうだ。

韓国で8日に放送されたtvN月火ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」では、事故に遭ったチ・インホ(チャン・ギヨン) が退院し、カン・ハンギョル(イ・ヒョヌ) がCRUDE PLAYの代理演奏を認める記者会見を開く内容が描かれた。

先立って、インホの事故で代理演奏と関連したCRUDE PLAYの記者会見はキャンセルされた。所属事務所の代表ユ・ヒョンジョン(パク・ジヨン) は、彼が不眠症と不安障害を患っていたことを利用し、マスコミを味方にして同情する世論を作り、事態を収拾した。しかし、誰も彼らの決意を止めることはできなかった。

この日メンバー全員は取材陣の前で「これまであった代理演奏についての噂を全て認めるためにこの場に出た。ファンと、僕たちの音楽を好いてくださった全ての方々に、心から申し訳なく、恥ずかしいと思っている。僕たちがついた嘘の責任を取るため、しばらく全ての活動を中止し、反省と自粛の時間を持つ」と明かした。

ハンギョルの彼女であるユン・ソリム(ジョイ) は深刻な表情で現場を見守り、遠くからCRUDE PLAYを応援し、力になってあげた。SOLEミュージックNとフーエンターテインメントの合併計画を伝えたプロデューサーチェ・ジンヒョク(イ・ジョンジン) は、CRUDE PLAYの記者会見を止めることができず、ヒョンジョンによりクビになった。これでグループは心強いサポーターを失うことになった。

20代男女の夢と話を描いた「カノジョは嘘を愛しすぎてる」は、心温まる雰囲気の中で美しい若者の人生を見せてくれた。歌手を夢見ていた10代の少年らが芸能プロダクションに集まり、歌を歌い、ステージに立つ過程から偶然な出会いを繰り返す若い男女の恋愛話、そして友達の友情と裏切りまで様々なテーマを取り入れ、新しいドラマが誕生した。

活動中止の危機に瀕したCRUDE PLAYが危機を乗り越え、歌手としてライブを披露することができるだろうか、これからが注目される。そしてハンギョルとソリムの恋、彼女のことが心から好きだったソ・チャニョン(イ・ソウォン) の片思いの行方はどうなるかも注目だ。