BMWのプレミアムPHEVスポーツクーペ「i8」改良型と、同時に開発が進められているオープンモデル「i8 スパイダー」市販型の最新情報をスパイショットとともに入手しました。

クーペ改良型は「i8 S」と改名され、ヘッドライトなどフロントエンドをリフレッシュ、リアウィンドウには高冷却用エアインテークを装備します。

「i8 スパイダー」もクーペに準ずるデザインを採用、ルーフはソフトトップ、ドアはバタフライドアが採用されます。。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ターボエンジンとモーターを組み合わせたPHEVですが、バッテリーが強化される模様です。

BMWは、「i8 Fomula Eセーフティカー」のバッテリーパックを7.1から10kWhにアップグレードしており、この2台にも採用されることが予想され、最高馬力は、現行の362psから400psへ大幅に向上すると噂されています。

ワールドプレミアは2018年秋、クーペ&スパイダーの同時公開が期待されています。

(APOLLO)

400馬力の強力バッテリーを搭載するBMW i8改良型は、クーペとスパイダーが同時公開!?(http://clicccar.com/2017/05/09/470479/)