「貴族探偵」に第一子出産後初ドラマとなる加藤あいの出演が決定

写真拡大

5月15日、22(月)夜9時から放送される「貴族探偵」(フジ系)の第5、6話に、第一子出産後初ドラマとなる加藤あいの出演が決定した。

【写真を見る】加藤が出演するのは、ドラマ初の連続殺人事件で2話にまたがる、これまでで最も壮大な物語!

今まで一話完結型だった同作だが、第5話からは本ドラマ初の連続殺人事件、また初の2話にまたがる、これまでで最も壮大な物語となる。そこで加藤は名家の令嬢・豊郷皐月を演じる。

そんな第5話は、荘厳な日本家屋の前に新米探偵・高徳愛香(武井咲)が佇んでいるところから物語が始まる。

愛香のクライアントで財閥の令嬢である玉村依子(木南晴夏)から、「鷹亮なら貴族探偵(相葉雅紀)が何者なのか知っているはず」と教えられ、愛香はかつては伯爵であり、日本最後のフィクサーと呼ばれている桜川鷹亮(竜雷太)の住まいを訪問。

インターホンを押し、愛香を出迎えたのは皐月(加藤)だった。鷹亮の外孫であるという皐月は、愛香を鷹亮のもとへ案内するが、そこにはまたしても貴族探偵の姿が。

その日は鷹亮の孫である弥生(北香那)の婿選びの儀式の日であり、貴族は儀式の立会人として来ており、愛香も探偵ということでぜひ立ち会ってほしいと意味深なことを言われる。結局、貴族のことは聞けないまま、しぶしぶ儀式に出ることに。

儀式の場には弥生と、弥生に求婚する4人の男性が。どの男性も有名企業の創業家子息と、出自、経歴共に申し分なし。しかし誰もが品がなく、弥生は誰にも引かれずにいる中で、求婚者の一人の男性が突然もがき苦しみ、倒れる。そこから血で血を洗う、凄惨(せいさん)な連続殺人事件が始まる。

加藤は「私は5話と6話の出演なのですが、6話の台本を読むと、もう続きが気になって仕方がない、すごい終わり方をしているので、ぜひ5話の最初から6話の最後まで楽しんでいただければうれしいなと思います」と見どころを。

また、相葉と5年ぶりの共演について「相葉さんは前と変わらず、やんわり、ゆったり、優しい雰囲気を持っていらっしゃる方で。それが今回の貴族探偵のキャラクターにすごく合っていて、キャラクターになじんでいる、というよりも、あのキャラクターを相葉さんが作られているのだな、と思いました」と語った。