絵本画家いわさきちひろや世界の絵本作家の作品を展示、長野・安曇野ちひろ美術館で

写真拡大

「走る!跳ねる!ちひろ・子ども百態」展と「ちひろ美術館コレクション 子どもの世界・世界の子ども」展が、長野・安曇野ちひろ美術館で開催される。開催期間は2017年5月13日(土)から7月4日(火)まで。

子どもに焦点を当てて

生涯子どもを描き続けた絵本画家・いわさきちひろ。彼女の心のふるさと、長野にたてられた安曇野ちひろ美術館では、その開館20周年を記念して「子ども」に焦点をあてた展覧会を開催する。いわさきちひろ作品を中心とする「走る!跳ねる!ちひろ・子ども百態」展のほか、世界の子どもを描いた様々な絵本画家の作品を展示する「ちひろ美術館コレクション 子どもの世界・世界の子ども」展も同時開催される。

「走る!跳ねる!ちひろ・子ども百態」展

躍動感のある子どもの姿をいきいきと表現する、ちひろの作品。その表現力はわが子のスケッチの積み重ねや実験的な画材の使用など、数々の挑戦によって得られたものだった。「走る!跳ねる!ちひろ・子ども百態」展では、1940年代の活動開始から書き溜めた膨大な子どものスケッチ、パステルを線描に初めて用いた1970年の『となりにきたこ』の作品、後期の水彩表現など、ちひろの子どもの動きの表現方法の変化を約100点のいわさきちひろ作品とともに紹介する。

「子どもの世界・世界の子ども」展

平和な暮らしがある一方で、戦争や貧困に巻き込まれ苦しむ子どももいる。「子どもの世界・世界の子ども」展では、イタリアの画家キアラ・パッチ―ニやドイツの画家クラウス・エンヅィカートら海外作家の作品や、1950年代から2000年代までの時代背景のことなる様々な作家による作品を紹介する。

歴史や文化・環境・社会情勢などの異なる地域で世界の絵本画家がどのように子どもをとらえ、描いてきたか。26,900点以上のちひろ美術館コレクションの中から約100点をピックアップし、時代や地域を超えて共通する子どもの心情や夢、子どもの姿を通して描かれる社会情勢や国の歴史についても焦点をあてた展示がおこなわれる。

親子で楽しめるイベントやギャラリートークも

展示の他にもさまざまなイベントも行われる。音楽を楽しみながら親子で体を動かせるリトミック体験や、あかちゃんといっしょに楽しめる「ファーストミュージアムデー」など子どもと一緒に楽しめる企画や展示のみどころをじっくりと聞くことができるギャラリートーク、ちひろの親しんだ松川村について知ることのできる「北アルプスパノラマウォーク・春」などファンにはたまらない企画なども。親子でたのしめるゆったりとした休日を過ごしてみては。

【詳細】
「走る!跳ねる!ちひろ・子ども百態」
「ちひろ美術館コレクション 子どもの世界・世界の子ども」
期間:2017年5月13日(土)〜7月4日(火)
※休館日 6月28日(水)
時間:9:00〜17:00
場所:安曇野ちひろ美術館 展示室 1・3・4
住所:長野県北安曇郡松川村西原3358-24
入場料:大人800円、高校生以下無料
※団体(有料入館者20名以上)・65歳以上・学生証提示のいずれかの場合は700円
※障がい者手帳提示で400円
※視覚障害がある場合には無料
※年間パスポート2,500円


[写真付きで読む]絵本画家いわさきちひろや世界の絵本作家の作品を展示、長野・安曇野ちひろ美術館で

外部サイト

  • C.Eから、田名網敬一とオリバー・ペインの合作をプリントしたTシャツが発売
  • デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画が18年に日本公開へ
  • 「週刊少年ジャンプ展」六本木ヒルズで開催 - 創刊から現在までを振り返る大規模展