アップアップガールズ(仮)

写真拡大

7人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮) が8日、ニューシングル『アッパーディスコ/FOREVER YOUNG』の発売記念イベントを池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催した。

“変化と進化”を目標とするアプガは、発売日前日のスペシャルなイベントということで初めてマジックに挑戦した。ゲストにマジシャンの山上兄弟が登場し、大流行した“てじなーにゃ”のポーズを決めると観客から大きな歓声が上がった。アプガメンバーの仙石みなみさんと新井愛瞳さんも負けられないとポーズをマネしてみせて可愛さをアピールした。

山上兄弟から指導を受けたメンバーの古川小夏さんは、三日三晩練習をしたという成果をみごとに見せ、次々とステージで花を咲かせて観客の喝采を浴びた。ホッと緊張の溶けた古川さんは「歓声が気持ちよくてクセになりそう」と満足そうな笑顔を見せた。

また、この秋に卒業することを発表した佐藤綾乃さんと仙石みなみさんにとっては、今回が最後のCDリリースとなる可能性もある。佐藤さんは「卒業するまでにもっとたくさんの笑顔を築いていきたい。最後のリリースになるかもしれませんが、もっと変化と進化をして、アップアップしていきたい」と話した。

仙石さんも「卒業の日までアプガにしか出来ない挑戦をしていきたい。アプガの曲は80曲以上あるので、ノンストップでライブをするのが目標。6時間になるか7時間になるか分からないけれど、前のめりに倒れて卒業するのもカッコいいかな」と意気込んでいた。