写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジェイマックシステムは5月10日、簡単に最適な「セカンドオピニオン」を探すことのできる新サービス「セカンドオピニオンアドバイザー」の提供を開始する。

現在、がんと診断された患者が、自らの病状や治療方針について他の医師の意見を求める「セカンドオピニオン」に対するニーズが高まっている。しかし、主治医への気遣いや、セカンドオピニオンを受けられる施設を探す方法がわからないなどの理由から、「セカンドオピニオン」を受けないまま不安を抱えて治療を続ける患者も多いという。

同サービスは、このような背景をもとに開発されたもの。患者ががんと診断された病院から紹介状、撮影した検査画像、検査データを代わりに取り寄せる。放射線診断専門医が改めて検査画像などを読影し、患者の病状に適したセカンドオピニオンが受けられる医療施設のリストを提供する。さらにセカンドオピニオン先の予約も行うという。

また、預かった紹介状、検査画像、検査データなどの診療情報は、会員ページからいつでも参照できるパーソナルカルテとしても提供されるとのこと。

利用料金は、1回の利用につき5万円(税込)。告知を受けた医療機関への診療情報提供書の請求料も含まれる。なお、自身で診療情報提供書を請求して送付できる場合は、4万円(税込)となる。セカンドオピニオン先での相談料は含まないとのこと。

(フォルサ)