【MotoGP2017】第4戦スペインGP D・ペドロサが今季初優勝! Repsol Honda Teamが今季初の1-2フィニッシュ
第4戦スペインGPは、今季初のポールポジションを獲得したD・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、シーズン初優勝を果たした。ペドロサは、絶好のスタートから一気にペースを上げると、27周のレースで一度もトップの座を譲ることなく、完全なる勝利をあげた。そのペドロサを追走できたのはチームメートのM・マルケス(Repsol Honda Team)だけであり、Repsol Honda Teamの両選手が3位以下に大きなリードを築くレースとなった。


この日は気温が28℃まで上昇し、路面温度は40℃を超える厳しいコンディションとなった。レースウイークを通じて最もタイヤに厳しい環境となり、マシンのセットアップ、そしてタイヤ選択が明暗を分ける結果となった。今季初優勝となったペドロサは、ヘレスでは最高峰クラスで3度目、MotoGPクラスにデビューしてからの12年で、その3勝を含む9度の表彰台獲得を果たしている。さらに、今シーズンからDucati MotoGPに移籍したJ・ロレンソが3位フィニッシュを果たし、移籍後初表彰台を獲得した。


週末を通して調子がよかったというペドロサがポールポジションから好スタートを決め、2番グリッドからスタートしたマルケスがそれに続き、4ラップ目にはJ・ザルコ(Monster Yamaha Tech 3)がマルケスをパスして2位に上がるも、バトルの末にマルケスにポジションを奪い返され3位に後退。


その後、12ラップ目には、8番グリットからスタートし、6ラップ目までに4番手にポジションをあげていたJ・ロレンソ(Ducati MotoGP)にパスされ4位に後退。ロレンソはそのままザルコとのアドバンテージを築き、今期初表彰台となる3位でフィニッシュ。


開幕2連覇をあげていたM・ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP)は4番グリッドからスタート。第1コーナーの競り合いでひとつポジションを下げて5番手となり、ザルコに先行を許すなど、5ラップ目が終了するころには9番手まで後退。さらにロレンソにパスされ、A・イアンノーネ(Team SUZUKI ECSTAR)とバトルしながらも、ミスがありイアンノーネとともに、V・ロッシ(Movistar Yamaha MotoGP)とA・ドビツィオーゾ(Ducati MotoGP)にも先行を許す。13ラップ目にはロッシとドビツィオーゾを一気にパスして5番手まで挽回。17ラップ目にはドビツィオーゾに再びパスされ6番手へ後退、そのままチェッカー。


チャンピオンシップのポイントリーダーであるロッシは、7番グリッドからのスタートを切って6番手で第1コーナーへ。序盤にザルコと競り合い、次にロレンソ、ビニャーレスとバトルする間、徐々に後退したものの、5ラップ目でで5番手へ浮上した。しかしペースをキープすることができなくなり10位でチェッカーを受けた。


さらに、今季2度目のフロントロー3番手から好スタートを切り、4番手を走行していたカル・クラッチロー(LCR Honda)が、6ラップ目の11コーナーで転倒リタイア。さらに、5番グリッドからスタートしたA・イアンノーネ(Team SUZUKI ECSTAR)は、スタート直後に2台をオーバーテイクし、1コーナーを3番手で通過。序盤は安定したハイペースをキープしたものの、その後タイヤのスライドによりペースを維持できず、10ラップ目の11コーナーで転倒リタイアとなった。


先週ルマンにて行ったプライベートテストよりニューエンジンを投入したRed Bull KTM Factory Racingチームは、タイムを大幅に改善し、初日の午後に行われたフリー・プラクティクス2ではP・エスパルガロが10番手に入るという、飛躍的な進化を見せた。決勝レースでは15番グリッドからスタートしたP・エスパルガロは、「調子がよすぎて攻めすぎた・・・」と6ラップ目に転倒リタイア。16番グリッドからスタートしたB・スミスが14位にてチェッカーを受けポイントをゲットした。


また、怪我により欠場したA・リンス(Team SUZUKI ECSTAR)の代役として、テストライダーを務める日本人ライダーの津田拓也が初めてMotoGPに出場。17位フィニッシュとポイントを得ることはできなかったが、完走を果たし、今後のマシン開発に向けての貴重なデータを得ることとなった。


そして今大会は、1949年6月にイギリスのマン島で初めてチャンピオンシップが開催されてから、MotoGPクラスにて歴史的な通算3000レースを迎えた。初レースとなったのは、6月13日(月)にマン島で開催された開幕戦「ツーリストトロフィー」の350ccクラス。全5戦5勝で初代王者に輝いたのは、ベロセットを駆けて優勝を挙げた、イギリス出身のフレディー・フリース。通算3000レースの内訳は、50ccクラス172レース、80ccクラス47レース、Moto3クラス92レース、250ccクラス716レース、Moto2クラス126レース、350ccクラス‐281レース、50ccクラス580レース、MotoGPクラス264レースとなる。
1000レース目の優勝は、1975年5月にホッケンハイムで開催された第3戦西ドイツGPの50ccクラスを制したアンヘル・ニエト。2000レース目の優勝は、1997年4月に鈴鹿サーキットで開催された第2戦日本GPの500ccクラスを僅少さで制したミック・ドゥーハン。3000レース目の勝者として名を残したのは、D・ペドロサということとなった。
■ライダーコメント

1位 ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)
「ヘレスで優勝することができてとてもうれしいです。まさに、スーパーハッピーな気分です。大好きなサーキットで、家族と友人、そしてすばらしいファンがいる前で優勝することができました。今大会は、レースウイークを通じて順調だったし、どのセッションもすばらしい気分でした。レースも完ぺきでした。今日は優勝する自信があったので、スタート前に少し緊張しました。しかし、うまく集中できたし、スタートも決まりました。ただ、今日の路面コンディションはあまりよくなくて、フロントはかなりスライドしました。フロントはミディアムの方がフィーリングはよかったし、決勝でも、ミディアムの方がペースはよかったかもしれません。しかし、決勝はハードを選びました。その判断に満足しています。今日はマルク(マルケス)が後ろでプッシュし始めたときに、それまでのギャップをキープする走りに徹しました。とにかく、限界を超えず、転ぶことだけは避けようと決めました。それがうまくいって、こうして優勝できました。今大会はグランプリ3000戦という記念すべきレースでした。1000回大会は(アンヘル)ニエト、2000回は(ミック)ドゥーハン、そうした伝説のライダーたちに続いたことはとても名誉です」


2位 マルク・マルケス(Repsol Honda Team)
「ヘレスで2位になれてとてもハッピーです。このサーキットは、自分にとってあまり得意なサーキットではありませんが、高いレベルで戦うことができました。これからのシーズンを考えるととてもポジティブなことです。今日のダニは、本当に速かったです。今週はウエットでもドライでも速くて、セッションをこなすごとに彼との差を縮めることに成功しましたが、彼のペースをキープするのはとても難しいことでした。今日は、彼を追ってプレッシャーをかけようとしましたが、何度か危ない瞬間もあり、バレンティーノとマーベリックのポジションを確認しながら、2位をキープすることにしました。今日のような暑い気温と路面コンディションでハードを選択しましたが、今日は、それでも柔らかいフィーリングでした。4戦を終えて、トップと4点差になり、完全にチャンピオンシップの戦いに戻ることができました。今日は母の日(スペインでは7日が今年の母の日)なので、この結果を母に捧げます」


3位 ホルヘ・ロレンソ(Ducati MotoGP)
「ここまでの3戦は複雑なレースが続いてしまったが、今日は地元のファンの前で表彰台に立つことができた。30歳の誕生日に最高のプレゼントとなった。今日の3位表彰台は、本当に大変な思いをして掴んだので、これまで何度も勝ち取ってきた優勝以上に嬉しい。ヘレスはデスモセディッチと相性が良いとは言えない。そんな場所で表彰台に上れたのだから、歓びもひとしおだ。正直に言うと、表彰台争いに絡めるとは思っていなかった。フロントタイヤの選択がカギだったと思う。スタートでは、目の前にかなりのライダーがいてちょっとしたカオス状態だった。だが、簡単に諦めるつもりもなかったからこそ、ザルコをオーバーテイクして3位になれたのだと思う。この数ヶ月はかなり厳しかったが、自分を信じる気持ちをずっと持ち続けてきた。チームも一貫して僕を信用してくれている。」


6位 マーベリック・ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP)
「とても奇妙な1日になりました。ウォームアップでは、すべてのコーナーでとても正確なブレーキングができ、良いフィーリングだったのに、午後のレースでは同じフィーリングを得ることができなかったのです。ほとんどすべてのコーナーでクラッシュしてしまうような感じがあり、チームにとってはとても難しい1日となってしまいました。これでチャンピオンシップにおいて貴重なポイントを失ってしまいましたが、次のレースのためにも何が起こったのかをしっかり突き止め、改善しなければなりません」


10位 ヴァレンディーノ・ロッシ(Movistar Yamaha MotoGP)
「難しいウイーク、そしてとても難しいレースになりました。マシンもタイヤも、まったく良い感触が得られないまま終わってしまったのです。とくにスピンと加速については、改善を目指して皆で全力を尽くして取り組んできたにもかかわらず、問題はほとんど解決できていませんでした。終盤は大幅にペースを落としましたが、それでもマシンの振動が続いていました。このような状態でも何とか最後まで走り切れたのは良かったですが、とにかくチームにとって非常に苦しいウイークでした。本来、このコースではもっと上位を走ることができるはずでしたが、一体、何が起きたのか、しっかり調査する必要があるでしょう。明日のテストのなかで、いろいろ分析しながら検証していきます」


17位 津田 拓也(Team SUZUKI ECSTAR)
「このウィークは走るたびに路面コンディションが変わり、とても難しかったですね。決勝は路面温度が上がり、スタート直後から、まるで違うバイクに乗っているような感じで、せっかく予選まで積み重ねてきたことを全く活かすことができず、悔しいです。本来ならばもう少し前のグルーブに接近できたと思うのですが、転倒のリスクが大きかったために、ペースを上げることができませんでした。MotoGPレースを経験したことで、今までのテストでは分からなかったことがたくさん分かり、学べたことも多かったので、明日のテストでは、そのデータを最大限活かせるようにしたいですし、さらに自分自身の走りもスキルアップし、今後のマシン開発に力を注ぎたいと思います。」

■リザルド


■RACE DATA
■大会名称:MotoGP第4戦スペインGP
■開催日:2017年5月7日(日)決勝
■開催地:スペイン/ヘレス(4.423 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:28度 ■路面温度:41度
■PP:D・ペドロサ(1分38秒249/ホンダ)
■FL:D・ペドロサ(1分40秒243/ホンダ)

■MotoGP ポイントランキング 第4戦スペインGP終了時点順位No.ライダーマシン総合ポイント146 V.ロッシ ヤマハ 62225 M.ビニャーレス ヤマハ 60393 M.マルケス    ホンダ    58426 D.ペドロサ  ホンダ 5254 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 4165 J.ザルコ ヤマハ 35735 C.クラッチロー ホンダ 29894 J.フォルガー ヤマハ 29999 J.ロレンソ ドゥカティ 28109 D.ペトルッチ ドゥカティ 261145 S.レディング ドゥカティ 261242 J.ミラー ホンダ 211341 A.エスパルガロ アプリリア 171419 A.バウティスタ ドゥカティ 141576 L.バズ ドゥカティ 12168 H.バルベラ ドゥカティ 121729 A.イアンノーネ スズキ 91817 K.アブラハム ドゥカティ 91953 T.ラバト ホンダ 82042 A.リンス スズキ 72138 B.スミス KTM 32244 P.エスパルガロ KTM 32322 S.ローズ アプリリア 02412 津田拓也 スズキ 0

【ギャラリー】MotoGP2017 4-SpainGP44


■Honda 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/
■ヤマハ発動機 公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/
■スズキ 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/
■DUCATI 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/
■KTM 公式サイト
http://www.ktm.com/jp/
■アプリリア 公式サイト
http://aprilia-japan.com/