適正と内定の関係

写真拡大

世の中にはあらゆる仕事があります。当然その仕事の内容は異なります。さらに、それぞれの仕事において適性があります。適正をみあやまると、仕事を楽しむことができません。
『適社内定 ―「適性」から始めれば、就活はこんなに楽になる(村山涼一著)』よりご紹介します。

適正の重要さ

人が適正のある仕事につくことの重要さをあらためて確認できるのが村山涼一による「適社内定:「適性」から始めれば、就活はこんなに楽になる」(日本経済新聞出版社)です。著者は、手当たり次第に受ける就職活動には否定的です。最初に入った会社が、社会生活における常識のスタンダートとなってしまう場合もあるので、適正を考えることは重要でしょう。

自分に合った会社を選ぶ

本書では適正をきちっとみきわめて、自分に最適な1社から内定をもらうことの重要さを解きます。果たして本当にそんなことが可能なのでしょうか。しかし、新卒の就活生がその会社を選ぶ理由を敷衍して考えてみれば、有名な会社である、給料が良い、将来性がある、といったものばかりが優先順位になります。そこに適正が欠けていることに気づくでしょう。適正をきわめることによって自分にあった適社を見つけ出すための、ヒントが本書には詰まっています。