『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』(監督:ジャック・ドワイヨン) ©Les Films du Lendemain / Shanna Besson

写真拡大

6月22日から東京・有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催される『フランス映画祭2017』の追加ラインナップと来日ゲストが発表された。

【もっと画像を見る(11枚)】

今回で25回目を迎える『フランス映画祭』。団長をカトリーヌ・ドヌーヴが務め、これまでに9本の上映作品が明らかになっていた。

追加ラインナップとして発表されたのは、彫刻家オーギュスト・ロダンの半生を描くジャック・ドワイヨン監督の新作『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』、アラン・ドロン主演の1970年代の作品『チェイサー』、ベジタリアンの獣医一家に育った16歳の少女が生肉を口にして変貌を遂げていく様を描くカニバリズムホラー『Raw(英題)』の3作品。『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』は『第70回カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門に出品される。今回の発表で新作11作品を含む全ラインナップ12作品が出揃った。

あわせて明らかになった来日ゲストは、『エル ELLE』のポール・バーホーベン監督とイザベル・ユペールをはじめ、ジャック・ドワイヨン、トラン・アン・ユン、マルタン・プロヴォら、団長のカトリーヌ・ドヌーヴを含む13人。前売券は5月27日から販売される。上映スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。