【ソウル聯合ニュース】黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相は9日午前、世宗市内の小学校に設置された大統領選の投票所を訪れ、一票を投じた。

 黄氏は投票後、報道陣に対し、今回の選挙は韓国の国政運営と未来を担う新大統領を選出する重要な選挙だとした上で、「選挙を通じ国民の意志を一つにし統合と和合を成し遂げ、自由で正義ある民主社会へと進む契機を設けるべきだ」と述べた。
 また、国民に対し「積極的に投票に参加してもらいたい」と呼び掛けた。
hjc@yna.co.kr