画像

写真拡大 (全2枚)

 神戸デジタル・ラボは、クラスタリングオートメーションツール「nosy」の提供を開始した。同ツールを利用すると、消費者の興味・関心をAI技術によって分類できる。

 神戸デジタル・ラボ(以下、KDL)は、独自の人工知能技術(AI)により、顧客への商品やサービスを提供するまでのシナリオの改善を支援できるクラスタリングオートメーションツール「nosy(ノージー)」の提供を5月8日に開始した。

 同ツールは、事業者が保有するデータを用いてKDLが提供するAIエンジンの関係性APIにより消費者の興味・関心を分類。分類することで、ターゲットへの適切な接客やアプローチが行える。

 さらに、昨今普及が広まっているメール配信サービスやマーケティングオートメーションツールなどのデジタルマーケティングツールと連携することによってプロセスを自動化することができる。

 また、一般リリースに先行して、ワコールが運営する会員サイト“下着でつながるワコールのWebコミュニティ「MyWacoal(マイワコール)」”のメールマガジン会員の一部を対象に効果検証を行った。nosyで導き出したマーケティングシナリオに沿ったメールマガジンでは、従来の一斉配信と比較して、クリック率が約254%増、メールマガジンからのサイト流入での平均ページビューが約185%増、滞在時間が約213%増、直帰率が約67%減という成果が得られた。

MarkeZine編集部[著]