画像

写真拡大

 オプトは、TVCMとネット広告の統合プランニングツール「ADPLAN Reach Simulator」を開発。同ツールでは、企業のターゲットごとにTVCMとネット広告を組み合わせた場合の最適出稿量を予測することができる。

 オプトのエンジニア組織であるOpt Technologiesは、TVCMとネット広告(オンライン動画広告、ディスプレイ広告)の統合プランニングツールとして、「ADPLAN Reach Simulator(アドプラン リーチ シミュレーター)」を開発した。

 同社では、2012年にオンライン動画専門部署を立ち上げ、2016年からはTVCMとネット広告の統合コンサルティングサービス「BLEND.TxD(ブレンド)」を提供するなど、動画広告運用やTVCMとネット広告をかけあわせた支援に注力してきた。

 また、2017年1月には、広告効果測定ツール「ADPLAN(アドプラン)」にデジタルブランディングプロモーションの効果計測機能を追加するなど、統合型マーケティングの基盤を整えてきた。

 今回開発したツールでは、企業のターゲットごとにTVCM×ネット広告の最適出稿量を予測することで、投資対効果の最大化を図る。これまで培ってきたクロスメディアでのプランニング、運用実績から予測モデルを構築し、フリークエンシー回数別のリーチ数を算出。これにより、プロモーションの目的に応じたTVCMとネット広告の最適なフリークエンシーバランスを実現する。

MarkeZine編集部[著]