映画『今夜、ロマンス劇場で』綾瀬はるか×坂口健太郎、映画監督を夢見る青年がスクリーンの彼女に恋をする

写真拡大

綾瀬はるかと綾瀬はるか主演のラブストーリー、映画『今夜、ロマンス劇場で』が2018年2月に全国ロードショー。

“モノクロのお姫様”に憧れた青年の恋が現実となる、ロマンティックラブストーリー

小説やマンガを原作とする実写映画が数多く制作される昨今。『今夜、ロマンス劇場で』は、完全オリジナル脚本から生まれるロマンティックラブストーリーだ。主人公である、映画監督を夢見る青年には、長年憧れ続けたスクリーンの中の“モノクロのお姫様”がいた。そして彼の想いは遂に現実に。彼の逢いたいという気持ちが奇跡を起こし、出会うはずのなかった2人が次第にひかれあっていく。本作ではまるでファンタジーのような恋が描かれる。

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演

映画の中から飛び出してくる“モノクロのお姫様”を演じるのは綾瀬はるか。これまで『あなたへ』や『海街diary』、『海賊と呼ばれた男』に出演。『海街diary』では4姉妹の長女・香田幸を見事に演じきり、国内の数々の主演女優賞を受賞した今や日本を代表する女優のひとりだ。

また、相手役を演じるのはメンズノンノのモデルとしてデビューし、今や俳優としても頭角を現し始めている坂口健太郎。「とと姉ちゃん」や「東京タラレバ娘」などテレビドラマでの好演も記憶に新しい。

綾瀬と坂口は、過去『海街diary』、『高台家の人々』で同じ作品に出演するも共演シーンはなく、今作が初共演となる。

そして武内英樹監督が、2人のロマンティックなラブストーリーを手掛ける。武内は、『のだめカンタービレ 最終楽章 前編/後編』で映画監督デビューを果たし、劇場公開作品3作目となる『テルマエ・ロマエ』では、国内の映画賞の他、トロント国際映画祭で実写日本映画初のガラ・プレミア上映作品として招待されるなど、海外でも評価を受けている人物。また、完全オリジナル脚本を務めるのは、映画『信長協奏曲』をはじめ、テレビドラマ・映画を数多く手掛けてきた宇山佳佑だ。

あらすじ

映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった。モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。“逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生する。

【作品情報】
映画『今夜、ロマンス劇場で』
公開予定:2018年2月全国ロードショー
出演:綾瀬はるか、坂口健太郎
監督:武内英樹 脚本:宇山佳佑
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会


[写真付きで読む]映画『今夜、ロマンス劇場で』綾瀬はるか×坂口健太郎、映画監督を夢見る青年がスクリーンの彼女に恋をする

外部サイト

  • 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』蒼井優×阿部サダヲ×松坂桃李×竹野内豊、“全員最低”な愛の物語
  • 映画『累-かさね-』主演・土屋太鳳×芳根京子で実写化、ストロベリーナイトの佐藤祐市が監督
  • 映画『犬猿』吉田恵輔脚本・監督、窪田正孝&新井浩文が"相性最悪"の兄弟に