「プロデュース101」側、練習生カン・ダニエルにペナルティーを与える…公式コメント発表

写真拡大

Mnet「プロデュース101」シーズン2の出演者カン・ダニエルがペナルティーを被ることになった。

8日、Mnet「プロデュース101」シーズン2側は「『プロデュース101』シーズン2は、練習生間の公正な競争が一番大事な価値と考えている」と明かした。

続いて「最近SNSなどのネット上で、一部の練習生が国民プロデューサーのコンセプト評価マッチング投票に影響を及ぼしたことが確認された」とし「このような事実が確認された練習生には曲を選ぶ際、問題になった曲を選べないペナルティーを与える予定だ」と付け加えた。

最近Mnet「プロデュース101」シーズン2は、生き残った練習生たちに新しいミッションを公開した。国民プロデューサーが練習生に似合いそうな曲を薦めると、その曲のステージを作らなければならない。

参加者のカン・ダニエルは、特定の曲を求めることを匂わせる記事をSNSに掲載したという疑惑を受けた。結局カン・ダニエルは「もうちょっと考えてから行動します。申し訳ございません」と掲載した後、SNSを非公開に変えた。(現在は公開)

しかしカン・ダニエルの行動が公正性に反するという指摘が殺到し、Mnet「プロデュース101」シーズン2側はペナルティーを適用することにした。

【公式コメント全文】
Mnet「プロデュース101」シーズン2が申し上げます。

Mnet「プロデュース101」シーズン2は、練習生間の公正な競争が一番大事な価値と考えています。

最近SNSなどネット上で、一部の練習生が国民プロデューサーのコンセプト評価マッチング投票に影響を及ぼしたことが確認されました。

このような事実が確認された練習生には曲を選ぶ際、問題になった曲を選べないペナルティーを与える予定です。