出典:https://www.shutterstock.com

男性よりも視野の広い女性は、基本的には気遣い上手ですよね。

ただ、“いい人”と認識される気遣いと、“いい女”として認識される、男がドキッとするような気遣いができる女性とでは、雲泥の差があるのではないでしょうか。

いい人止まりに甘んじることなく、いい女として気遣いのできる女性になれれば、あなたの周囲の男性の評価や目が変わるかもしれませんよ。

そこで今回は、男がドキッとするいい女の気遣いをご紹介いたします。

 

■傍にいて欲しい!いい女の気遣いは言葉を必要としない

気遣いとは本当に難しいものです。相手にとって必要と思ってかけた言葉も、相手にとっては必要と思っていないこともあります。

失敗した時や落ち込んだ時、放っておいて欲しい男性もいます。そして、誰かに傍にいて欲しいと思う男性もいます。

男性はどこか女性という存在に、母性を求めているのかもしれません。

ただ傍に寄り添ってくれるだけで、落ち着いたり、癒されたりする男性もいますので、傍にいてあげて肩や腕にそっと手を置き、無言の気遣いができる女性も“いい女”の気遣いと言えるのではないでしょうか。

 

■非難しない!女性特有の優しい気遣い

相手が落ち込んでいる時に優しく気遣うのは容易いです。意図していなくても、殆どの人は優しい言葉や態度を示すのではないでしょうか。

ただ、優しくできないシーンこそ、女性特有の気遣いが垣間見える瞬間であり、女性の素晴らしさを感じる瞬間でもあります。

例えば筆者はこれまでに、女性の上司や先輩や立場が上の女性との関わりが多くありました。

仕事では、注意したり、叱ったり、ミスを指摘するなど、様々な優しくできないシーンが出てきますが、ステキな女性は物腰が柔らかく、言葉を選び、あくまでも逆撫でしないような態度を取る、女性特有の優しさと気遣いを示してくれます。

もちろん、立場を誇示する女性もいますが、それは男性も同じことです。

力とは何も剣だけではありません。頭の良い人は劣る知性を見下し、権力のあるものはそれを振るうのが当たり前なのです。

男性には少なく女性に多いのが、それを持っていても決して見せることなく、相手を尊重しながら諭そうとする気遣いができる人。

気遣われた瞬間はドキッとしないかもしれませんが、時が経つごとに、そのような女性の器量に心を奪われる男性もいますよ。

職場で男性陣を魅了したい女性は、参考にされてはいかがでしょうか。

 

今回は、少し違った角度の“気遣い”をご紹介致しました。

目先だけのあざとい気遣いもいいかもしれませんが、上辺に乗る男は上辺でしか関係を保てませんよ。

男が本気で恋に落ちる気遣いができる女性になるには、思慮深い気遣いができる女性なのかもしれませんね。

【画像】

※ Photobirdua/shutterstock

【関連記事】

※ 【女子に聞いた】彼氏にキスしてほしいとき、どうしてる?

※ 男に「この子は俺がいなきゃダメ!」と思われる女子の特徴

※ ずーっとラブラブ♡彼との関係を長く続けるためのコツ

※ むふふ…!男が「お持ち帰り成功」のために頑張っていること

※ この子無理だわ…男性が失望する「がっかりデート」のポイント3つ

※ そこはいいって!男がエッチ中に「あまり触ってほしくない部分」ってドコ?