@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

text:Yasuhiro Ohto (大音安弘)

 
▶ エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

■プロローグ

「ミニマル」で「安全」

ダイハツのエコな軽自動車であるミラ・イースがフルモデルチェンジし、2代目へと進化した。

ミラ・イースは、ダイハツが軽自動車だからこそ実現できる、ハイブリッドカーやEVに続く「第3のエコカー」として2011年に送り出した新カテゴリーの軽自動車だ。

その魅力は「低燃費」だけに留まらず、「低価格」、「低資源」と徹底的にミニマムなクルマであること。

新型でもこの基本を受け継ぎ、最高35.2km/ℓの低燃費、80万円台からの低価格、先代比最大80kgの軽量化を実現。

さらに時代が求める新たな価値として「安心・安全」を追求し、軽量高剛性ボディや衝突回避支援機能の「スマートアシストIII」などを採用しているという。

グレード構成は、エントリー・グレードのB、L、X、Gの4グレードを用意。価格は、84万2,400円〜133万9,200円となっている。

では早速、大幅なアップデートが図られた新型の詳細に迫ってみたい。

 
▶ エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

 
▶ プロローグ ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

■エクステリア

かわいさよりもシャープネス

先代同様に実用性の高い5ドア仕様の2BOXスタイルを踏襲するものの、デザインを一新。先代の丸みのある愛らしいルックスとは異なり、直線を強調したシャープでスポーティなものとなった。

その印象を強めるのが、全車に採用されるスポイラーと一体式のフロント・バンパーとリヤ・スポイラーなどのエアロパーツだ。

さらに多角形型のヘッドライトもフロントマスクに力強さを与えている。スタイリッシュに纏められたスタイルは、エアロパーツなどを含めた細やかな空力対策を施すことで、Cd値を先代より3%抑えることに成功している。

何色がお好き?

ボディ・カラーは全9色で、従来型にはなかった「レモン・スカッシュ・クリスタル・メタリック」や「スプラッシュ・ブルー・メタリック」などの元気で明るい色が選べるようになったのも、嬉しいところだ。

もちろんエクステリアも軽量化のために、樹脂パーツを積極的に採用しており、大きな部品ではバックドアやフロントフェンダーなどが樹脂部品へと置き換えられている。

 

▶ プロローグ ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

 

▶ プロローグ ▶ エクステリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

■装備

「スマートアシスト掘廚鮓充妥な価格で

最大のトピックは、衝突回避支援機能である「スマートアシスト掘廚虜陵僂世蹐Α

世界最小サイズの高性能なステレオ・カメラとソナーセンサーを組み合わせたシステムで、車両と歩行者に対応した衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能、車線逸脱警報機能、前後誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームと多機能ながら、上級グレードでは標準。さらにオプションの場合もベース車の6万円高と現実的な価格を実現している。

さらに、スマートアシスト形着車には、軽自動車初となる前後左右にコーナーセンサーを装備することで、縦列駐車時などに障害物との接触を警告してくれるなど、日常での利便性も高められているのもポイントだ。

■インテリア

ダイハツの十八番、「こまやかさ」

インダッシュ式シフト・レバーを採用するダッシュボード・パネルは、従来型と同等の収納スペースを確保しながらも、インパネ内に左右それぞれにカップ・ホルダーを設けたほか、小物が置けるトレイを助手席側に新設するなど使いやすさを追求。

フロント・シートは、新開発の軽量骨格のものに。ヘッドレスト一体式のバケット・タイプの形状とすることでホールド性を高めている。

またステアリングやアクセル・ペダル位置を見直すなど、より最適なドライビング・ポジションが得られるようになった。

またボディ形状の見直しや吸遮音部材の最適配置することで、ノイズと振動を低減。室内の静粛性も高めることで、より快適な移動を楽しめるようにも配慮されている。

 

▶ プロローグ ▶ エクステリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

 

▶ プロローグ ▶ エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ スペック

■シャシー

とにかく「軽く」

ベースとなるボディ構造も変更を受けており、ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初採用。

これは2014年発売のムーブより採用される新構造のボディで、サイド・アウターパネル全面に厚板のハイテン材を使用することで、ボディ全体で力を受け止めるようにしたもの。

これにより部品点数の削減や軽量化を図りながらも、衝突性能と高いボディ剛性の実現を可能とした。新型ミラ・イースの軽量化においてDモノコックの採用の効果は大きく、ボディ単体で35kgを削減している。

足回りは、軽量化を図りながらも、街中での乗り心地と高速走行時の操縦安定性を重視して開発。

サスペンション設定は、新規開発した国内最軽量の13インチタイヤを装着するB、Lグレード向けのスタンダードサスペンションと、14インチ・タイヤを装着するX、Gの上級グレード向けの専用チューニングサスペンションを設定し、1サイズ・アップのシリンダーを採用するショック・アブソーバーと専用ブッシュを採用することで、上質でフラットな乗り心地を目指したという。

足回りは、走りの基本だけに性能を維持、もしくは向上させながらも、15kgの削減に成功している。

■エンジン

「DNGA」の原点、それがミラ・イース

高効率を誇るパワートレインは、660ccの直列3気筒DOHCエンジンとCVTの組み合わせで、これは従来型をベースに改良を加えたもの。

オルタネーター・ベルトの低フリクション化やCVTケースの薄肉化による軽量化、そして制御の最適化などの改良を実施することで効率をより高めている。

最高出力49ps/6800rpm、最大トルク5.8kg-m/5200rpm。燃費消費率は最大35.2km/ℓというスペックは、実は先代と同様だ。

しかしながら、高性能ECUの採用や制御を最適化により、発進加速や追越加速は、従来型よりアクセル操作に対してリニアな反応を実現するなど、走りの質感においても向上が図られている。

若々しいデザインとより高機能な先進の安全運転支援機能が与えられた新型ミラ・イース。

ダイハツでは、新たなクルマ作りの戦略である「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を推進しており、その原点となるのが、このミラ・イースだという。

つまり、新型が追求した「低燃費」、「低価格」、そして「安全・安心」という価値が次世代ダイハツ車の基本となるということだ。

近い将来、DNGA第一弾となる新プラットフォームを採用した新型軽自動車と小型車が投入されるというだけに、そちらにも要注目だ。

 

▶ プロローグ ▶ エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ スペック

▶ プロローグ ▶ エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン

BG “SA III”BG “SA III”
駆動方式 FF 4WD 
価格 842,400円 1,209,600円 972,000円 1,339,200円 
全長 3395mm 
全幅 1475mm 
全高 1500mm 1510mm 
ホイールベース 2455mm 
車重 670kg 650kg 740kg 720kg 
エンジン 直列3気筒 
排気量 658cc 
最高出力 49ps/6800rpm 
最大トルク 5.8ps/5200rpm 
ギアボックス CVT 
サスペンション(前) マクファーソン・ストラット 
サスペンション(後) トーションビーム 3リンク 
ブレーキ(前/後) ディスク / ドラム 
ステアリング ラック・アンド・ピニオン 
タイヤ 155/65R14 155/70R13 155/65R14 155/70R13 

▶ プロローグ ▶ エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン