嗣永桃子

写真拡大

8日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまが、ハロー!プロジェクト卒業が目前に迫っているももちこと嗣永桃子からキャラクター崩壊を指摘される一幕があった。

番組では、「張本人登場! この記事自分で説明させて!!」という企画に嗣永が登場。6月30日に引退したあとに幼児教育を学ぶことになっている嗣永。元気いっぱいで登場して「みんなのアイドル、ももちでーす」と自己紹介すると、さんまも「今日が最後や思うとホッとする」と苦笑い。

そんなさんまだが、嗣永の卒業まで会う予定がないため、「あの挨拶も今日で最後」と、楽屋での挨拶を明かした。嗣永といえば、本番前に「ももちボード」を使って共演者に対して挨拶回りを行う習慣がある。嗣永によると、さんまはボードを見せられる度に「うわっ! お前が『ももち』って言うんか!」「初めて知った!」としっかりリアクションをしてくれていたらしい。

嗣永は同日、「今日で最後」だと思って全力でさんまに挨拶したのだとか。そしてさんまからは全力でいつもどおりの反応が返ってくると想像していたという。

ところがさんまは意外にも「今日で…最後なんやな…」としんみり反応。嗣永は「いつものさんまさんじゃない!」と驚いたようで、「ブレて」いたとさんまにダメ出し。さすがのさんまもももちの芸能界卒業を前にして名残惜しいようだった。

【関連記事】
坂上忍が嗣永桃子の楽屋あいさつを拒否するワケ「疲れちゃうんで」
明石家さんま 困惑した一般人からの行動を告白「その人はそうしたいねん」
明石家さんま 中学生に尻を蹴られた際の粋な返しに出演者が絶賛