@AUTOCAR

写真拡大

■どんなクルマ?

ディーゼルを柱にガソリンの脇役を

ジャガーF-PACEが登場した1年前、その端正なルックスとスポーティなハンドリングは世界に衝撃を与えたが、パワートレインはディーゼル重視のラインナップで、ガソリン・エンジンは高性能版に限られていた。しかし今回、最新の直4ガソリン・ユニットが追加された。

データ上では、動力性能と燃費はどちらもなかなかのレベルにある。最高出力は250ps、最大トルクは37.2kg-mで、燃費は13.5km/ℓだ。

車輛重量は1760kgと決して軽くはないが、V6ガソリン仕様から101kgの削減は、おそらく前輪のレスポンス向上に貢献するだろう。

インテリアにも進歩あり

2017年モデルのF-PACEには、好評のインフォテインメント・システムであるインコントロール・タッチ・プロがオプション設定された。

£2,670(39万円)のそれは、10.1インチのセンター・タッチパネルと、12.3インチのデジタル計器盤を含む。

タッチパネルの反応は、以前のデバイスより反応が著しく改善され、ビジュアルも高精細。運転席と助手席で異なる映像を、同時に見ることができるデュアルビュー機能も備える。

これは、ジャガー・ランドローバーとしては新規採用ではないが、ジャガーでは初の装備例となる。標準装備は8.0インチのディスプレイと旧式のソフトウェアになるが、ナビゲーション・システムとデジタル・ラジオは含まれている。

■どんな感じ?

気になるガソリン・ユニットとのマッチング

試乗したR-スポーツは、20インチのホイールを装着するが、バンプやアンジュレーションが続く、舗装が劣悪な英国の一般道路でも乗り心地に優れる。

2.0エンジンと8速AT、4WDのマッチングも上々で、後輪駆動やMTの設定がないことにも不満は感じない。また、£160(2万3千円)のコンフィギュアブル・ダイナミクスで走行モードが選択できるダンパーは、コーナリングで最大限まで性能を発揮することを可能にする。

ダンパーをスポーツ・モードにセットすれば、ボディ・コントロールはクラス最高水準といえるレベルになる。しかし8速ATは、エンジンを積極的に使ってもやや変速をためらうところがあり、走りの興を削ぐ。

特にシフトダウンは、反応に0.5秒ほどのラグがあり、最大のライバルとなるポルシェ・マカンのPDKに比べ、ルーズな印象が否めない。

新型エンジンは、ジャガーの既存の4気筒ガソリン・ユニットよりレスポンスがよく、0-100km/h加速は6.8秒をマーク。燃費ではディーゼル車に一歩譲るが、市街地走行にはこのガソリン車の方が明らかにマッチしている。

ちょっと飛ばしてみよう

空いた直線道路でスロットルを開けば、のびのびとした回りっぷりも味わえる。(ただし、とりたてて速いとはいえない。)

ガソリン・ユニットゆえに、中回転域でのノイズはないものの、180ps仕様のディーゼル・ユニットと比較してもトルクは6.5kg-mほど低いため、高速道路をハードに走るなら、軍配はディーゼルに上がる。もっとも、その辺りはマカンなどのライバル車でも同様で、この新型インジニウム・ユニットに限ったことではない。

ただし、ペースを上げたときに感じられる利点もある。鼻先の軽さだ。

アンダーステア耐性はもちろん、コーナリング時の四輪トルク・ベクタリングの利きもよりはっきりと感じ取れる。

ブレーキを残してコーナーに飛び込むと、ロールを抑え、リアをわずかにスライドさせながらラインをタイトにトレースする。

その走りは、マカンでもそうだが、ホットハッチを思わせるみごとなものだ。しかし、再びパワーオンした途端、既存のエンジンよりトルクが細いことを実感し、この直4ガソリンに最適なのはあまりスポーティでない走りだと確認させられることになる。

■「買い」か?

ラインナップ拡充という意義

欧州でもディーゼル人気が下落しているとはいえ、ガソリン版インジニウム投入には、もっといいタイミングがあったのではないだろうか。

ディーゼルのオルタナティブとして小排気量ガソリンが支持されるには、低燃費と走りの楽しさが十分なレベルに達していなければならない。

しかし新型ユニットは、今のところ求められる水準に達していない。しかも、楽に長距離ドライブができるクルマを求めるユーザーは、やはりディーゼル、それもV6を選ぶだろうし、走り重視ならV6ガソリンの一番人気は揺るがない。

今回の2.0ℓ直4ガソリンは、既存機種に取って代わるものではなく、ラインナップの空白を埋めたことにこそ意義があるのだと思ったほうがいい。

直4ガソリンを加えたF-PACEは、ラインナップの上で、マカンと真っ向勝負できるようになっただけでなく、アウディQ5などのより典型的なSUVに対する競争力も強まったのは事実なのだから。

ジャガーF-PACE 2.0 i4 250 R-スポーツ

■価格 £44,460(651万円) 
■全長×全幅×全高 4746×2070×1667mm 
■最高速度 217km/h 
■0-100km/h加速 6.8秒 
■燃費 13.5km/ℓ 
■CO2排出量 170g/km 
■乾燥重量 1760kg 
■エンジン 直列4気筒1997ccガソリン 
■最高出力 251ps/5500rpm 
■最大トルク 37.2kg-m/1200-4500rpm 
■ギアボックス 8速オートマティック