写真提供:マイナビニュース

写真拡大

神戸デジタル・ラボ(以下、KDL)は5月8日、独自の人工知能技術により、顧客へ商品やサービスを提供するまでのシナリオの改善を支援するクラスタリングオートメーションツール「nosy(ノージー)」の提供を開始したと発表した。

同ツールは、購買履歴やレビュー、アンケート結果、問合せ、自社SNSへのアクション履歴など事業者が保有するデータを活用し、KDLが提供するAIエンジンの関係性APIにより消費者の興味・関心を分類。この分類を用いてターゲットへの適切な接客やアプローチを実現する。

また、メール配信サービスやマーケティングオートメーションツールなどのデジタルマーケティングツールと連携することにより、プロセスを自動化することも可能だ。

なお、一般リリースに先行し、女性下着メーカーのワコールが運営する会員サイト「MyWacoal(マイワコール) 」のメールマガジン会員の一部を対象に効果検証を実施。

同ツールで導き出したマーケティングシナリオに沿ってメールマガジンを配信したところ、従来の一斉配信と比較してクリック率が約254%増、メールマガジンからのサイト流入での平均PVが約185%増、滞在時間が約213%増、直帰率が約67%減という成果が得られたという。

同ツールは、初期費用40万円(税別)から、月額利用料20万円(税別)からとなる。

(小松原綾)