夜のニモ&フレンズ・シーライダー ©︎Disney ©Disney / Pixar

写真拡大

東京ディズニーシーのグランドオープン(2001年9月4日)から、ポートディスカバリーの中心的アトラクションであった「ストームライダー」が2016年5月にクローズ。

【写真23枚】ストームライダーはまだ存在中!? ポートディスカバリー新BGS解説 フォトギャラリー

そして約1年間の改修期間を経て、新登場した「ニモ&フレンズ・シーライダー」はディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界が体験できるライド型アトラクションです。

しかし、気になるのは大きく変わったその世界観。

ストームライダーとの関係は? ポートディスカバリーのテーマはどうなった? の疑問にお答えします。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」ってどんな世界?

大きく生まれ変わった同アトラクション。まずはその概要をご紹介。

ご存じ、ディズニー/ピクサー映画の『ファインディング・ニモ』と、その続編でもある『ファインディング・ドリー』の世界が舞台。

目の前で展開される映像と、ゲストが乗ったライドシステムの動きが同調する事で、映画に登場したシーンや海の世界を体験できるアトラクションです。

ゲストは電気を通すと収縮する物質「チヂミニウム」で作られた大きな魚の乗り物、「シーライダー」に乗り込み、魚サイズに縮んで海の世界を冒険します。

ストームライダーが中心だった、これまでのポートディスカバリーとはかなりイメージが異なる新アトラクションとなりました。

ストームライダーは他の場所で活躍中!?

アトラクションは変わっても、ここはもちろん、時空を超えた未来のマリーナであるポートディスカバリー。

では、これまでの同エリアとの関係は? 時系列は? 場所はどうなった?……と、色々気になる所ですよね。

以前ご紹介した「【TDS】なぜファンたちが反発?「ストームライダー」がなくなってしまうと困る4つの理由」記事でもあるとおり、ストームライダーはポートディスカバリーの中心的な施設であり、「気象コントロールセンター(CWC)」という組織が中心となっていました。

しかし、「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、映画『ファインディング・ドリー』に登場する「海洋生物研究所」が舞台となっています。

これまで同建物や、入り口周辺に停泊していた潜水艇などに記されていた「CWC」のマークはほとんどなくなり、かわりに「海洋生物研究所」の名称(MARINE LIFE INSTITUTE)と、ロゴマークがあちこちに見られる様になりました。

そんなこの新しいエリアの気になる物語は「ポートディスカバリー内の、これまでとは別の場所」と言う設定になったようです。

そのため、同じポートディスカバリーでも、私達に見えない他の場所で、まだCWCやストームライダーは活躍しています。

“海洋生物研究所のポートディスカバリー支社” へ変化

ストームライダーやCWCはまだどこかに存在し、「同じ時間軸」の中にある、「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

そんな中、東京ディズニーリゾートの公式ブログ等で紹介されている、ウォルト・ディズ二―・イマジニアリング開発者担当者インタビュー動画の中で、同アトラクションは、「海洋生物研究所のポートディスカバリー支社」と紹介されています。

映画『ファインディング・ドリー』の中でも、海洋生物の保護や研究を行っていた同研究所。

未来のマリーナでも更に進化した姿で、研究が続けられているのですね。

また、このエリアの発電を行っていた、大きな風車が特徴だった「ディスカバリーギフト」。

こちらは大きな風車はなくなり、建物の外観も、「ニモ&フレンズ・シーライダー」を基調としたブルーに変わりました。

どうやら風力による発電は行わなくなった様ですが、建物内部中央の赤く光るダイナモの様な部分はまだ発電している様な様子も見られます。

また、建物後方には「POWER DEPT.」と書かれた発電所を表すプレートと、「CWC」の文字は以前の姿のまま。

物体を縮小させられる事のできる「チヂミニウム」という画期的な物質を開発できる素晴らしい技術力を持つ、未来の海洋生物研究所。

きっと風力発電以上に絶大な発電効果を出せる方法を編み出したのかもしれませんね。

今も残る「CWC」と「ストームライダー」の面影

同じテーマポートの中で、これまでの場所と異なる位置にあるとされる、「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

そんな中、気になるのは「ストームライダー」やCWCの姿。どこかに存在しているのならば、何らかの形でその姿も感じたい所ですね。

そんな中、同エリアの中にあるもうひとつのワゴンショップ「スカイウォッチャー・スーヴェニア」。

この小さなショップはかつて気象観測に使われていた小さな基地です。

これはCWCのもので、同ショップの脇には現在も「CWC」のマークが入ったコンテナ様なものがまだ置かれています。

きっとまだどこかで活動しているのでしょうね。

そして最も気になると言える「ストームライダー」の存在。

現在はその姿を確認する事はできませんが、同エリアのアトラクション「アクアトピア」の南側には、ストームライダーのための「夜間誘導灯」がありました。

この誘導灯は現在も夜になると、夜空にまっすぐ伸びる光の柱を見せてくれます。

まだ健在の誘導灯。きっとまだどこかで飛んでいるストームライダーの目印になっているのでしょうね。

そして「ニモ&フレンズ・シーライダー」のライド内で案内をしてくれるオペレーター。

彼の声はどこかで聞いた事のある気がしますが……この先はぜひ皆さんで確かめてくださいね。

「時空を超えた未来のマリーナ」の言葉に隠れた意味

これまでと同じテーマポートと時間軸の中、別の場所で新しい体験できる事となった私達ゲスト。

しかし、「未来」の世界であるポートディスカバリーに登場するのは、「現代」が舞台となっている『ファインディング・ニモ』や、『ファインディング・ドリー』の世界。

これまでの同エリアの物語と比較すると、どうしても「過去」と「未来」の時間的な矛盾を感じてしまう部分はあると思います。

しかし、今一度思い起こしてみると、ここポートディスカバリーは「時空を超えた未来のマリーナ」。

1920年代のアメリカンウォーターフロントと、未来の港であるポートディスカバリーを結ぶ「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」は、少なくとも100年を超える時空を結んでいます。

そう考えると、気象研究や、海洋生物調査を行う科学者達が集まるポートディスカバリーでは、時空を超えて様々な調査研究が行われている……という事になるのかもしれませんね。

様々な進化と変化をし続けるパーク。

時間の流れの中では、これまでと大きく変わった新しい物語が登場してくる事も、これからもあるでしょう。

そんな中、これからはもっともっとゲストの「イマジネーション(想像力)」が活きる時なのかもしれませんね。

これまでの世界感も残しつつ、新しく生まれ変わったポートディスカバリーと「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

新しい世界と冒険がいよいよスタートです。