『夕刊フジ』の中本裕己編集長が、同紙で報じている最新の北朝鮮情報について語った。

  

 「金正恩が暗殺されそうになったという情報がある。でっち上げである可能性が高いが、北朝鮮の軍内部は混乱状態に陥っていて、内乱に近いような状態ではないか」。

 加えて、9日には韓国大統領選が行われる。

 中本編集長は「『共に民主党』の文在寅(ムン・ジェイン)候補が優勢と伝えられているが、文さんは北朝鮮に対し融和的な政策を打ち出しているので、場合によっては北朝鮮に利用されかねない。北朝鮮は大統領選を睨んで暗号放送を韓国内に潜伏している工作員に向けた放送をしている」として、「大統領選も含め、北朝鮮の暴発寸前の情勢の行方を注視していきたい」と語った。(Abema One Munite Newsより)