表示画面のイメージ。「Reborg-X」の画面で、目的地までの最短ルートを表示したり、店舗や施設の情報を紹介するという(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 ゼンリンデータコムは、ALSOKが販売する案内・警備のコミュニケーションロボット「Reborg-X(リボーグエックス)」を活用した「ロボット案内ソリューション」の検討を開始した。

 2017年 夏〜秋頃の販売開始を目指しており、タッチパネルと音声で店舗の紹介をしたり、今いる場所から目的地までの最短ルートを表示する。将来的には、ロボット(Reborg-X)に自動走行させ、目的地まで道案内させるといった機能の追加も予定しているとのこと。

 警備面、サービス面の効率化とコスト削減を目指したソリューションという位置づけで、施設内のテナントの販売実績の向上などの狙いもあるという。また、多言語対応させることで、外国人旅行客の利便性の向上なども見込めるとのこと。

 なお、同サービスは、10日〜12日まで東京ビッグサイトで開催される「モバイル活用展2017」のゼンリンデータコムブースでデモンストレーションが行われる予定だ。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI