2017年で創業30周年を迎えたロフト。6月23日、銀座ベルビア館内へ『銀座ロフト』をオープンします。

110店舗目となる『銀座ロフト』は、銀座ベルビア館内の3階から6階の4フロア。営業面積およそ1000坪と渋谷ロフトに次ぐ広さで、この6月に閉店する有楽町ロフトに代わるフラッグシップショップとして展開。

銀座一丁目駅から徒歩約2分の銀座ベルビア内にオープン

ロフトといえば、文具やコスメ、キッチン・バス、トラベルグッズなど、幅広いジャンルの雑貨に強い店。「ここへ来れば欲しいものがきっとある」という安心感でもおなじみですよね。『銀座ロフト』では、そうした安心感に加え、「お客様が新たなお気に入りを見つけられる店を目指している」と、安藤公基代表取締役社長。感度の高い人たちの期待を裏切らない“モノ”が揃い、新たな“コト”を体験できるそう。

5階にはI love Pencilをテーマに世界中の鉛筆を集めた『Pencil Bar』ができるそう。

たとえば、3階のボディ&ビューティフロアには、“high-qualityをお手頃価格で”をコンセプトにしたオリジナルコスメ『LOFCOS(ロフコス)』を展開。4階のホームソリューションフロアには、フランス発のカラフルなテント『LA TENTE ISLAND』を日本で初めて紹介します。さらに、5階のワーク&スタディフロアには、世界で初めての名入れマシーンを常設した『モレスキン NEW アトリエ』の設置も。銀座ロフト発の出会いがたくさん待っています。

『LOFCOS』のネイルカラー。

さらに、これら店の魅力を発信する“ヒト”の存在も『銀座ロフト』ならでは。『TEAM LOFT』と呼ばれる、各業界のスペシャリストが店づくりに参加。おすすめを選んだり、トークショーやイベントを開催するなど、それぞれの得意なことを活かした取り組みを企画しているそう。

TEAM LOFTの一人、田中里奈さんに聞いてみた!

『TEAM LOFT』のメンバーは、猿田彦珈琲オーナーのバリスタ・大塚朝之さんや、ねんどのアイドル・岡田ひとみさん、下北沢の人気レストラン・サーモン&トラウトでシェフを務める森枝幹さんなど。その一員である、モデルの田中里奈さんにお話を伺いました。

左から大塚朝之さん、田中里奈さん、岡田ひとみさん、森枝幹さん。

「ロフトさんと私で何を発信できるか、今はワクワクしています。第一弾として企画を進めているのが、いろいろな“ボックス”の開発です。

『友人に』『母の日』『女子力アップ』など、贈る相手やシチュエーションに合わせて私がセレクトしたアイテムの“詰め合わせ”を考えているところ。贈り物ってストーリーが大事だと思うので、前後に起こったり感じたりするストーリーも大事にした“ボックス”が提案できたらいいですね。近頃、『婚活』とか『恋する○○』みたいなコスメが人気と聞いたので、恋愛を意識した“詰め合わせボックス”を企画してもおもしろいと思います。

あとは、ラッピング用の“ギフトボックス”も。『銀座ロフト』ならではの、ちょっとルン♪ とするようなものにできたらと考えています。

今後は、私のセレクトしたアイテムが店頭に並ぶこともあるかもしれません。『TEAM LOFT』とロフトさんとの、そしてお客様との化学変化が今から楽しみです(田中里奈さん)」

岡田ひとみさんによる、オトナ女子向け粘土のワークショップも予定。

「ロフトに行けば、何かワクワクするモノやコトが必ずある!」と思わせてくれるような、新しいお店になりそうです。銀座へのお出かけが、ますます楽しくなりそうですね。

銀座ロフト
住所:東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館3階〜6階

Photo&Text:ニイミユカ