株式会社ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で、2017年5月9日(火)を“ニコニコ美術の日”と位置付けた企画を展開。同日15:30から5時間半にわたり、現在開催されている2つの美術展の様子を生中継する。今回配信されるのは、国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」を取り上げた番組(http://live.nicovideo.jp/watch/lv296737289)と、京都国立博物館で開催中の「海北友松」展を紹介する番組(http://live.nicovideo.jp/watch/lv296734542)。「ミュシャ展」の番組は15:30〜17:00、「海北友松」展の番組は17:00〜21:00に配信される。15:30から開始される“みんなで巡ろう「ミュシャ」展【niconico×国立新美術館】”では、イラストレーターの中村佑介氏や中東欧文学者の阿部賢一氏が出演。国立新美術館で6月5日(月)まで開催されている同美術館開館10周年・チェコ文化年事業「ミュシャ展」を紹介する。「ミュシャ展」では、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860〜1939年)の作品を展示。代表作《スラヴ叙事詩》もチェコ国外では初めて全20作が公開中だ。17:00から開始される“みんなで巡ろう「海北友松」展【niconico×京都国立博物館】”には、ライター / エディターの橋本麻里氏と京都国立博物館研究員の山本英男氏が出演。こちらの番組で紹介される京都国立博物館 開館120周年記念特別展覧会「海北友松」は、5月21日(日)まで開催されている。武家に生まれながらも絵筆ひとつで戦国の世を生き抜いた絵師・海北友松(1533〜1615年)の作品を展示。代表作はもちろん、数少ない初期作や初公開作品に加え、書状や文章類なども披露されている。

重要文化財 雲龍図 海北友松筆 建仁寺(京都) 慶長4年(1599) 通期展示

株式会社ドワンゴ
URL:http://live.nicovideo.jp/
2017/05/09