もうダマされない!信頼できる男の見分けかた

写真拡大

 幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

 暖かくなるにつれ、「そろそろ恋がしたいな〜」という気持ちが芽生えてきますよね。でも一方で、「今度こそちゃんとした人と付き合いたい」と思うと慎重になるのも事実。いったいどんな意識でいれば、信頼できる男性を選ぶことができるのでしょうか。

 ヒントを探るため、魑魅魍魎うごめく政治界で8年間、取材を続けている政治部記者に話を聞いてきました。

 そもそも政治の世界といえば、「表面ではA」と言っていても、「本音はB」であったり、別の人の前では「C」と言ったりするだけでなく、その本音自体も数時間後にはDに変わったりするような「読めない」イメージがありますよね。

 そして、そんな「使い分け」上手な政治家を相手に「真実」を追求するのが全国で活躍している政治記者。ということは、政治部で活躍する記者なら、ある程度男性の「本質」が読めて信頼できる男性を瞬時に見分けられるのではないでしょうか。

◆【ポイント1】時間をおいて主張が変わらないかをチェック

――いろんなタイプの政治家を見ていて、信用できる男性を選ぶコツはなんですか?

「そうですね。政治家の皆さんはやはり口がうまいですから、表面上をとりつくろえる人は多いですし、本音を隠すのも上手です。その中で『この人は信用できるな〜』と思えるのは、長い時間にわたって主張を変えない人でしょうか。

 某政治家さんは、私が直接担当しているのではないのですが、いつどこで演説を聞いても、同じことを主張し続けているので、信用できるなと思います」

◆【ポイント2】人によって態度を変えてないかをチェック

――とはいえ、長きにわたって一人をチェックするのは難しい面も。短期間で「人となり」を見るコツは?

「短期間で中身を見たいなら、その人がグループの中でどんな発言をするかに注目するといいかもしれません。というのも、男性は女性以上に上下関係を気にしたり、力関係をアピールしますから、誰といるときにどういう発言をするのか、どんな態度になるかをチェックすると人間性がかなり見えてきます。

 偉い人とそうでない人の前で態度を変える人は多いですし、発言自体を変える人もいます。とはいえ、変えること自体は、多かれ少なかれ誰もがやっていることなんですね。

 肝心なのは、どのレベルまでなら許せるのか、そして信用できると思えるのかを判断することだと思います。なので、気になる男性がいたら、いろんな人と接する場面を設けるのはいいことだと思います」

 ちなみに某政治家の男性は「どの方の前でもソフトな態度」で「発言にブレがない」けれど「その分、主張が薄いので政治家としての力は弱い」とか。交際相手を探す場合でも、「男らしくて仕事ができそうな人」ほど、「どの人の前でも同じ態度」を取ってなかったりするかもしれません。

 なので、「男らしく仕事ができる」面と、「誰にでも同じ態度が取れる」面でどちらが自分にとって重要かを考えておくとよりいいのかもしれません。残念ながら、当研究所の調べでは、この2つが両立している人はめったにいないと思われます(特に独身男性では)。

 いずれにしても、自分の判断に自信を失ったときは、「ほかの人といるときの男性の態度を見る」のが目安になりそうです。

 さらに可能なら、ある程度の時間をかけて彼の「意見にブレがないか」も併せてチェックできると、信頼できる男性を見つけられるのかもしれません。

<TEXT/にらさわあきこ>