トイレは人間が生きていくうえで必要不可欠な大切な場所だ。毎日使うからこそ、清潔に保ちたいと考えるのは日本人ならごく当たり前の考え方であり、日本は商業施設や空港のトイレなどはもちろん、公衆トイレなど不特定多数の人が使用するトイレも比較的清潔に保たれている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 トイレは人間が生きていくうえで必要不可欠な大切な場所だ。毎日使うからこそ、清潔に保ちたいと考えるのは日本人ならごく当たり前の考え方であり、日本は商業施設や空港のトイレなどはもちろん、公衆トイレなど不特定多数の人が使用するトイレも比較的清潔に保たれている。

 中国では都市部こそ清潔なトイレは存在するが、地方や農村部に行けば行くほどトイレ事情は悪くなる。トイレットペーパーが設置されていないだけでなく、扉がなかったり、隣との仕切り壁が低かったりと、日本のトイレ事情と比較すると驚かされることが多々ある。

 中国メディアの今日頭条は2日、日本の公衆トイレの清潔度合いと管理水準は世界一と言っても過言ではないと伝えつつ、日本と中国の歴史問題を忘れることはできなくとも、「日本の良いところは中国も積極的に取り入れていくべきだ」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、もし中国人が日本を旅行で訪れると「ホテルや百貨店に限らず、駅や街中の公衆トイレはすべて、汚れていないうえに便器も壊れておらず、当然水漏れもないことに驚くはず」と紹介。また、日本のトイレは「障がい者や子ども連れなど、特殊なニーズを持つ人への配慮もある」と紹介し、日本と比較すると中国のトイレ事情があまりにも立ち遅れていることを強調した。

 中国では連休ともなると観光地には大勢の中国人が殺到するが、設置されたトイレは配慮のない使い方をする人が多いためか、非常に不潔であることが一般的だ。中国人が日本の公衆トイレが清潔であることに驚くのは、中国では公衆トイレが不潔であることが当たり前だからだ。
 
 最後に記事は日本と中国には歴史問題が存在し、それを忘れることはできないとしつつも、「日本の良いところは中国も積極的に取り入れていくべきだ」と指摘した。これに対して、中国のネットユーザーからも賛同の声が上がったが、「日本では公衆トイレからトイレットペーパーを持ち去る人はいないが、中国では持ち去らない人はいない」と指摘し、清潔な公衆トイレを実現するためにはモラルの向上が必要不可欠だとの意見が多く見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)