中国が独自の知的財産権を備え、初めて最新の国際航空機基準をふまえて研究開発した幹線航空用の大型民間旅客機「C919」が、5日に初飛行に成功した。

写真拡大

中国が独自の知的財産権を備え、初めて最新の国際航空機基準をふまえて研究開発した幹線航空用の大型民間旅客機「C919」が、5日に初飛行に成功した。新華社が伝えた。

【その他の写真】

C919には世界から570機の注文が入っている。この大型旅客機は中国国内の航空機製造産業チェーンの発展を促し、中国航空工業の重大な歴史的飛躍を実現させた。

C919について、広く注目される10大ポイントを読み解く。

(1)どうしてC919は中国独自の知的財産権を備えていると言えるのか?

大型旅客機という複雑な製品では、全体の設計が極めて重要だ。全体の設計がなければ、世界最高のエンジン、ボディ、フライトコントロールシステム、フライ・バイ・ワイヤシステムなどを組み合わせても、空を飛べる航空機にはならない。C919チーフデザイナーの呉光輝さんは、「C919は中国で独自に設計された幹線航空用の航空機で、全体の設計は独自の知的財産権を100%備えているといえる」と話す。

C919のボディは流れるような流線型で、機体の設計、計算、テスト、製造はすべて中国で独自に行われた。設計開発の過程で多くの重大技術が飛躍を遂げ、例えば超臨界翼や新材料の応用などが飛躍した。総合集積の技術は大型航空機製造におけるコア技術の1つだ。航空機製造業の大きな難問の1つである集積技術の飛躍は、中国の航空機製造業が非常に大きな進歩を遂げたことを示している。

(2)C919はどうして国産エンジンを搭載していないのか?

現時点で、中国には大型民間旅客機に適したエンジンを製造する力がなく、世界の民間航空機メーカーもサプライヤーからエンジンを調達している。

現在、世界の主な民間航空機用エンジンメーカーには、英国のロールス・ロイス(RR)、米国のゼネラルモーターズ(GM)、プラット・アンド・ホイットニー(P&W)、フランスのスネクマ、国際共同のインターナショナル・エアロ・エンジンズ(IAE)やCFMインターナショナル(CFMI)などがある。

もちろん中国製造のエンジンを搭載できるならそれに越したことはないが、まず大型旅客機がなければ、民間航空機用エンジン産業の発展を促すことはできない。大型旅客機がなければ需要は生まれず、プラットフォームも存在しなくなる。これが産業における牽引役と産業チェーンとの関係だ。

(3)C919の安全性はどうか?

呉さんは、「大型旅客機C919はより先進的な技術基準をふまえて設計され、世界トップクラスのサプライヤーが提供する最も先進的な動力、航空電子、フライトコントロールなどのシステムを採用し、国際航空機基準を完全にふまえて設計と製造が行われており、安全性は十分に保障されている」と話す。

最終的に、C919が安全かどうかは中国民用航空局の運航許可証を取得できるかどうかをみなければならない。言い換えれば、同局の航空機に関する各方面の測定テストに合格しなければ民間航空の運航任務を遂行できないということであり、安全に関する測定テストが何よりも重要だ。

(4)どの航空会社の便に乗ればC919に当たるのか?

C919はこれまでに世界の企業23社から570機の注文が入った。東方航空、中国国際航空、南方航空、海南航空、四川航空、河北航空、幸福航空、ドイツのPuRen Airlines、タイのシティ・エアウェイズなど複数の航空会社、および平安国際融資租賃、工銀金融租賃、交銀金融租賃など複数のファイナンスリース会社がC919の購入契約を結んだ。

(5)C919は航空会社の人気者になるだろうか?

航空会社にとっては、経済的で環境保護性能を備えた航空機が収益力の高い航空機になる。旅客の間では、乗り心地が快適な航空機が人気の機種になる。

C919は設計で重量削減と抵抗低減に力を入れ、先進的な次世代エンジン「LEAP-1C」を採用して燃料消費率(SFC)を大幅に低下させており、経済性をめぐる競争での優位性は明らかだ。またLEAP-1Cの採用により、高い環境保護性能も備えている。

C919のボディは広々としていて旅客はゆったりとした乗り心地を味わえる。同時に高効率の空気再循環システムが搭載されて機内には新鮮なよい空気が流れ、機内の照明設備は旅客のあらゆるシーンを想定した設計がなされ、旅客に心地よく行き届いた快適な機内環境を提供している。

(6)C919のどんな新材料が機体を軽くし長持ちさせるのか?

従来のアルミ合金に比べて、アルミリチウム合金は損傷許容性、耐疲労性、放射線防護の性能などでより優れている。アルミリチウム合金を使用することで航空機の寿命を大幅にのばすこともできる。また複合材料の応用が飛躍的な進展を遂げた。複合材料の応用で機体構造のトータル化と軽量化が実現し、複合材料の使用量は機体構造の重要の11.5%に達した。

(7)C919の製造過程で3Dプリンター技術はどのように応用されたか?

C919の初飛行成功にあたり3Dプリンターで製造されたチタン合金部品が応用された。チタン合金の3Dプリンター製造部品がC919のハッチの複雑な部品に応用され、力学性能は従来の鋳造部品よりも明らかに優れており、さらに部品の引き渡し期間も効果的に短縮された。

(8)C919の「超臨界翼」はどれくらいすごいのか?

C919の設計開発では多くの重大技術がブレークスルーを遂げ、例えば超臨界翼の設計がそうだった。中国飛機上海航空機設計研究院の張■(品の口が水)副主任設計士(C919機担当)の説明では、「超臨界翼は航空機の抵抗を低減させ、性能をアップさせ、燃料消費の削減を助ける。当研究院で初めて独自設計した超臨界翼は、世界の先端レベルに達し、世界の同業者にも認められるものだ」という。

(9)C919の初飛行成功後は何をするのか?

C919は初飛行成功後、運航許可証を取得する段階に進む。運航許可証は航空機が人々の要求をふまえて制定された受け入れ可能な最低限の安全基準(運航許可基準)に基づく管理・技術の実現プロセスに対応できることを確保するものだ。運航許可の審査と検証に合格し、運航許可証を取得した製品でなければ市場に進出することはできない。

(10)C919はどうやって産業の発展をもたらすのか?

中国商用飛機有限責任公司の会長で党委員会書記を務める金壮竜氏は、「大型旅客機C919が牽引して構築された中国の民間航空産業チェーンには極めて大きな潜在力がある。上海市を筆頭に、陝西省、四川省、江西省、遼寧省、江蘇省など22省・直轄市の200社を超える企業の20万人に迫る人々がC919プロジェクトの研究開発や製造に携わり、産業チェーン、バリューチェーン、革新チェーンが構築された。また航空電子、フライトコントロールシステム、バッテリー、燃油、着陸装置など各種搭載システムを扱う合弁企業16社の設立が後押しされ、中国民間航空機産業の配置能力が向上した。

こうした動きは中国民間航空工業の発展の基礎的側面を目立って改善し、中国経済のモデル転換・高度化に向けて巨大な潜在力を備えた産業チェーンを生み出した。(提供/人民網日本語版・編集KS)