KAT-TUN

写真拡大

 『週刊女性PRIME』にて、毎年恒例となりつつある「好きなジャニーズ」「嫌いなジャニーズ」ランキングが先日発表された。順位を見てみると、ランキング上位に並ぶメンバーの名前が昨年と大きく変わった印象がある。今回は、「好きなジャニーズ2017」で大きく順位を上げたジャニーズメンバーたちに注目してみたい。

(関連:KAT-TUN、逆境で見せた「たくましさ」 田口脱退表明後の出演番組から読み解く

■ひたむきかつ潔い男らしさが魅力 KAT-TUN 亀梨和也

 1位の座を勝ち取ったのは、昨年5位だったKAT-TUN・亀梨和也だ。KAT-TUNは今もなお充電期間中だが、各メンバーソロ活動を精力的に行なっている。亀梨も然りで、現在は山下智久と『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)以来約12年ぶりにドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)で共演しており、5月26日には映画『美しい星』の公開も控えている。そんな亀梨が「好きなジャニーズ」1位を獲得した理由は、“誠実な人柄”にあるのではないだろうか。アンケートの回答を見てみると、礼儀正しさや真摯な態度に言及しているコメントが多い。KAT-TUNといえばメンバーの脱退が相次いだグループだが、たしかに亀梨は愚痴ひとつ言わず、その時自分にやれることを全力でやっている姿が印象的だった。キャスターを務めている『Going! Sports&News』(日本テレビ系)でも、野球に関する体を張った様々なチャレンジを「アイドルだから」という甘えなく、全力で取り組んでいる。このような潔い男らしさとひたむきさが、1位という結果に結びついたのではないだろうか。7月からは自身初となるソロコンサートツアー『KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR 2017 The一 〜Follow me〜』もスタートする。まだまだ亀梨の快進撃は続きそうだ。

■四者四様の活躍で日の目を見た NEWS

 「好きなジャニーズ」トップ30にメンバー全員がランクインしたのは、NEWSだ。4位の増田貴久は昨年16位、6位の手越祐也は昨年17位、18位の加藤シゲアキ・26位の小山慶一郎は昨年圏外と、全員が大幅にランクアップを果たしている。確かに2015年から2016年にかけて、NEWSの活躍は目覚ましかった。2015年7月に単発放送された冠番組『変ラボ』(日本テレビ系)が2016年4月から9月にかけてレギュラー放送され、2016年4月からは『ザ少年倶楽部 プレミアム』(NHK BSプレミアム)のMC、2016年夏に放送された『24時間テレビ39 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)ではグループでメインパーソナリティも務めた。さらにメンバー4人とも、各々得意分野で活躍していることも定着しはじめ、「頑張っている」という印象を強めたように感じる。また、メンバー全員のキャラクター付けがしっかりなされていることにも注目したい。増田は“完璧なアイドル”を演じるプロ中のプロ、手越は天真爛漫かつポジティブなモテ王子、加藤はこじらせとインテリの絶妙なバランスの持ち主、小山は堅実なキャスターだけど天然な一面も……といったところだろうか。それぞれの役割分担ができているため、幅広いファン層の獲得につながっているのだろう。現在行なわれているツアーコンサート『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』の評判も上々である。

■若き実力派俳優となるか? Hey! Say! JUMP 中島裕翔

 『半沢直樹』(TBS系)、『水球ヤンキース』(フジテレビ系)、『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)、『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(フジテレビ系)といったテレビドラマ、映画『ピンクとグレー』、『僕らのごはんは明日で待ってる』など、数々の名作に出演してきたHey! Say! JUMPの中島裕翔も、昨年の圏外から13位へと大幅ランクアップを果たしている。デビュー当時“可愛い男の子”であった中島は、今や誰もが認める正統派イケメンへと成長。ファン以外からも評価される演技力を持つ、ジャニーズ俳優となりつつある。それだけでなく、アイドルとしてもクオリティが高い。スラリとした長身でキレのあるダンスを披露したり、ライブでは申し分ないファンサービスをしたり、とアイドルらしいキラキラ感も併せ持っているのだ。現在23歳という若き中島は、今後ジャニーズを代表する俳優へと成長していくのだろうか。出演中のドラマ『母になる』(日本テレビ系)での好演にも注目だ。

 この他にも、ジャニーズJr.の平野紫耀が圏外から25位にランクインするなど、これまで名前が挙がらなかったメンバーが多々見られた「好きなジャニーズ2017」。これから1年間、大幅にランクをアップさせたメンバーたちの活動をじっくり追ってみたいと思う。(高橋梓)