山崎賢人が福田雄一監督を大爆笑させたシーンとは!?/[C]麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

写真拡大

若手人気俳優の筆頭である山崎賢人が、コメディ映画で初主演を果たす。しかもタイトルは、週刊少年ジャンプで連載中のギャグ漫画を実写化する『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)。メガホンをとるのは、数々の愛すべきコメディを繰り出している福田雄一監督となれば、「一体どんな映画になるのか!?」と気になって仕方がない。撮影現場を訪ね、山崎の楠雄役へのハマり度を確認するとともに、福田監督に“山崎賢人とコメディの相性”について話を聞いた。

【写真を見る】こんな山崎賢人、見たことない!衝撃のピンク頭に注目だ/[C]麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

世界を滅ぼすことができるぐらいとんでもない超能力を持ちながら、普通の生活を望む高校生・斉木楠雄を主人公に、ワケありのクラスメートたちと過ごす抱腹絶倒の学園生活を描く本作。

記者が訪れた日は、学校内で文化祭の準備をするシーンが撮影されていた。ピンクの頭、鮮やかなグリーンの制服に身を包み、楠雄になり切った山崎を発見。衝撃的なスタイルにも関わらず、なぜか違和感がない姿に、現場に駆けつけていた原作者の麻生周一も驚くばかり。山崎は、個性的なクラスメートたちをクールに見つめる楠雄の眼差しもしっかりと再現しており、福田監督も笑いがこらえきれない様子。福田監督の爆笑に、キャスト陣も乗せに乗せられ、振り切った演技を見せていたのが印象的だった。

そもそも山崎の楠雄役への抜擢は、福田監督の念願だった。「キャスティングに関しての情報はすべて妻を頼っているんですが、ドラマ『水球ヤンキース』が始まる前の頃に、妻から『山崎賢人くんという子がすごくいいので、仕事してみたらどう?』と言われました。『水球ヤンキース』を毎週見ているうちに、山崎くんには最近のいわゆる“イケメン俳優”というテリトリーの中で、ものすごく生っぽさを感じたんです」。

さらに山崎の魅力について、こう続ける。「“素朴さ”や、“まだ剥けてない感”みたいなものを感じて、その生々しい感じにすごく好感が持てて。確かに妻が言うだけのことがあるなと思いました」。

山崎にとってコメディ映画は初となるが、山崎も「福田監督と仕事がしたい」と公言していた。福田監督は「そもそも三木聡さんの作品でデビューしているぐらいだから、コメディをやりたいという思いが、本人にもあるんじゃないかと思った。僕の作品が好きなのであれば、僕の笑いや流れを理解してくださっているんだろうなとも思い、ぜひご一緒したいと思っていた」と山崎とのタッグを願うようになった。

やがて、「長男の本棚に『斉木楠雄のΨ難』の原作が揃っていたんですが、読んでみたらすごく面白くて。読み進めていくうちに、妻からの『山崎くんとやってみたら』との言葉が合致していった」とひらめいた福田監督。山崎にオファーしてみたところ、前のめりで参加を決めてくれたという。

念願叶い、撮影がスタート。普段はポーカーフェイスで言葉を発しない楠雄だが、難しいのは、橋本環奈演じるヒロイン・照橋心美の頭の中では、心美なりの楠雄像があること。心美の妄想内の楠雄は、はっちゃけることもあるのだ。難役として、コメディに挑戦した山崎にどんな印象を持っただろう?「賢人くんと環奈ちゃんの掛け合いで、顔や表情を崩していくシーンがありました。環奈ちゃんは本作の前に、『銀魂』でものすごい顔をさせていたので、最初に環奈ちゃんにやってもらいました」。

「これは演出上での僕の作戦だったんですけど、環奈ちゃんがガッと顔を崩した時に、賢人くんも『ここまでやっていいんだ』という認識ができたと思うんです。そこからというもの、賢人くんはやっぱりカンがいいので、全く手間いらずになって。『こんな感じかな?』と僕が思った3割増しぐらいでやってくれてたんです(笑)。ファンの方のみならず、『こんな顔してる山崎賢人、初めて見たな』ということの目白押しです」。

とりわけ福田監督を驚かせたのが、楠雄がスイカを食べるシーンだとか。「そのシーンを面白くするためには、やっぱり志村けんさんと同じようにスイカを食べるのがベスト。でも僕が提案して『難しいです』と言われるのも嫌だし、言おうか言うまいか黙ってたんです。そうしたら、賢人くんが『志村さんってどうやって食べるんでしたっけ?』と聞いてきて、『やるぅー!?』と(笑)。やってもらったらもう大爆笑!何が面白かったかって、志村食いが完璧にできたこととと、その後にものすごい真顔で麦茶飲むこと(笑)。でも二つ目を食べた後に飲み込めなくなって、『むぅー!』という感じになったり、ひとつひとつが全部面白かった」と大絶賛だ。

山崎の新たな表情を見ることがうれしくてたまらないといった様子の福田監督。山崎のイメージを覆す新境地、そしてどんな楠雄がスクリーンにお目見えするのか、ますます楽しみになってきた。【取材・文/成田おり枝】