安田隆夫氏は一代でドンキをここまで成長させた

写真拡大 (全2枚)

 安売り大手「ドン・キホーテ」創業者の安田隆夫氏(68)が「なんたる放漫経営をしていたのかと信じられない」と怒りの矛先を向けるのは、旅行代理店大手「エイチ・アイ・エス」(以下HIS)の創業者(現会長)で、長崎・佐世保のテーマパーク「ハウステンボス」の再建でも名を上げた澤田秀雄氏(66)だ。日本のベンチャー起業家の先駆けともいえる2人の間に何があったのか。ジャーナリストの伊藤博敏氏がリポートする。

 * * *
 売上高7600億円のドン・キホーテを一代で築きあげた安田氏は、26期連続で増収増益という上り調子の真っ只中の2015年6月末、取締役を退きシンガポールに移住した。現在は「グループ創業会長兼最高顧問」として報告・相談を受けることもあるが、経営に直接タッチすることはない。

 そんな悠々自適の海外リタイア生活を満喫していた安田氏の憤怒の理由は、かつてベンチャー仲間たちと組織した投資会社の清算に関してだ。その会社の“管理者”とも言うべき立場にあった澤田氏に怒りをぶちまけたのである。

 投資会社の名前は「エイチ・エス・アシスト」(以下HSA)。事業投資のほか、健康食品販売、アジア経営者連合会の運営受託などが主な事業だった。

 HSAの前社名はバリュークリエーション(以下VC)といい、ベンチャー企業の支援を目的とし2000年に発足した任意団体「日本ベンチャー協議会」の運営も担っていた。安田氏はその協議会の立ち上げメンバーだった。

 協議会は「ヒルズ族」に代表されるベンチャーブームの中で会員企業を増やしていく。最盛時には300社を超え、会長にはフルキャストの平野岳史社長、副会長に楽天の三木谷浩史社長、光通信の重田康光会長、USENの宇野康秀社長など(いずれも肩書きは当時)が名を連ねた。まさに“ベンチャー経営者の梁山泊”だった。

◆“死んだ社長”が株主総会を招集

 21世紀の幕開け数年は、IT、通信、ゲームなどを手掛ける起業家が、新興市場での上場を目指してしのぎを削っていたが、彼らは経験が乏しく資金力もない。協議会はそんな起業家たちが情報交換する異業種交流会であり、その最年長世代である安田、澤田両氏は“兄貴分”として若い起業家をサポートした。

 彼らが次々と成功していく中、VCの投資業務も順調で、総資産30億円、経常利益6億円の超優良投資ファンドに成長する(数字は2006年3月期)。上場準備にも取りかかっていた。

 しかし、2006年1月のライブドア事件(※)に端を発するライブドアショックによって風向きは一気に変わる。事件後にベンチャー企業への批判が強まるなど、経営に暗雲が漂う中でVCは上場を断念し、協議会は2008年3月に解散した。

【※IT企業ライブドアが2004年9月期の決算報告として提出した有価証券報告書に虚偽の内容(粉飾決算)を掲載したとして、証券取引法違反などの罪で東京地検特捜部に起訴された事件。堀江貴文氏(当時は社長)は懲役2年6月の実刑判決を受けた】

 行き場を失ったVCの引き取り先として手を挙げたのが澤田氏(澤田ホールディングス)だった。全株式の38%を引き受け、VCを持分法適用関連会社としたのである。そして社名をHSAに変更した。

 構図としては潰れかけたVCを、澤田氏が“救済”した形である。だが、安田氏はこう言うのだ。

「澤田さんは古くからの仲間として信頼していたし、VCの引受先となってくれたことに感謝もしていた。ところが彼は経営を部下任せにして、赤字を垂れ流しても放置し続けた。結局、ピーク時に30億円あった資産は、解散時に4億円弱まで減ってしまった。澤田さんが“並の経営者”なら文句は言いません。彼ほどの経営者が何ら再建の手立てを打とうとせず、仕舞いには紙切れ1枚を送りつけるだけで清算するやり方に納得がいかないのです」

 特に安田氏が不満を抱いたのが清算の手順だという。安田氏らに送付されたHSAの解散を諮る株主総会の招集通知の日付は3月21日で、そこにはHSA社長・A氏の名前がある。ところが、その5日前の16日にA氏は急死していた。

「すでに亡くなっている人物の名前で招集するなんて解せない話ですし、解散の責任を彼に押しつけているようにも感じてしまう。我々(協議会メンバー)の思い入れのあった会社をこんな形で幕引きすることを、澤田さんはどう考えているのでしょうか」(安田氏)

◆「説明責任は果たしている」

 かつての“仲間”からの批判に対し、澤田氏はどう答えるのだろうか。

「前提として理解していただきたいのですが、私がVCを引き受けたのは、株主の方々から“潰すのはもったいない。引き受けてくれませんか”と頼まれたからであり、私自身がVCを存続させたいと考えていたわけではありません。

 “頑張って経営してほしい”くらいは言いましたが、HSAの経営は従来の(VC時代からの)経営陣に任せており、私はタッチしていませんでした。清算という結果になりましたが、これは経営陣が事業を精査したうえで決めたことです。株主には役員が面談ないしは電話で説明しており、説明責任は果たしたという報告を受けています」(澤田氏)

 多くのグループ会社を抱える澤田氏にとっては、「他に優先すべき事業があった」という。HISが2010年に支援を開始(同年子会社化)したハウステンボスの再建もそのひとつだ。

「現在は年間100億円の利益が出る事業になりました。それと比較すればHSAの経営に目が行き届かなかったのは事実かもしれない。ただし、それはHISの経営者としての判断ですから、批判されるものではないと思います」(同前)

 死亡していた社長名で株主総会開催通知を送ったことについてはこう説明する。

「臨時株主総会の招集は、3月9日にA氏が議長を務めた取締役会で決定しています。存命中の権限に基づく招集決議ですので、正当な手続きであるとの説明を弁護士から受けています。

 ただ、清算の結論に至ったことが拙速であるという批判は受け止めますし、安田さんがお求めであればシンガポールでもどこでも説明に伺いたいと思います。また、HSAを存続させたいと手を挙げる方がいらっしゃったら、(清算の)方針を変更して譲渡することも考えたい」

 ベンチャー経営者はそれぞれに個性的だが、共通するのは「収益に貪欲である」という点だ。安田氏にしてみれば、「ベンチャーの雄」と認める澤田氏が赤字経営を放置していたことに納得がいかない。逆に澤田氏の視点に立てば、収益が見込めない事業に拘泥する安田氏の考え方とは相容れないということだろう。

 かつて夢を共にした2人の対立は解消されないまま、野心に溢れた起業家が集い交わった“梁山泊”は、その役割を終えることになる。

※週刊ポスト2017年5月19日号