中国・上海で開かれた不動産開発事業のPRイベントでポーズをとるジャレッド・クシュナー氏の妹、ニコール・クシュナー・マイヤー氏(左から3人目、2017年5月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の娘婿で、同大統領の上級顧問を務めるジャレッド・クシュナー(Jared Kushner)氏(36)の親族が経営する不動産会社クシュナー・カンパニーズ(Kushner Companies)は8日、米ニュージャージー(New Jersey)州での不動産プロジェクトに対する巨額の投資を中国の富裕投資家に呼び掛けた際にクシュナー氏の名前を出したことを謝罪した。

 同氏の妹であるニコール・クシュナー・マイヤー(Nicole Kushner Meyer)氏は今月6日、中国・北京(Beijing)で開いた投資家向け説明会で、来年に着工予定の高級複合マンション「ワン・ジャーナル・スクエア(One Journal Square)」の開発事業に対する1億5000万ドル(約170億円)余りの投資を呼び掛けた。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によれば、マイヤー氏はその際、同事業は「私や私の家族全体にとって多くの意味を持つ」と述べ、ジャレッド氏がクシュナー・カンパニーズの最高経営責任者(CEO)だったことに言及。中国人富豪らに対し、米国内での事業への50万ドル(約5700万円)以上の投資と10人以上の雇用創出と引き換えに米国での永住権が付与されるビザ(査証)制度「EB-5」の利用を呼び掛けたという。

 ジャレッド氏は1月に同社を退職してトランプ政権に加わり、国内政策と対外政策の両面で大きな影響を持っている。マイヤー氏の発言は、利益相反に当たるのではとの懸念から、米国内で大きな物議を醸した。

 クシュナー・カンパニーズは8日、「潜在的な投資家らと、このプロジェクトや当社の歴史にについて話し合う過程で、マイヤー氏は自身の兄が1月に当社を離れ、プロジェクトに関与していないことをはっきりさせようとした」と釈明した上で、「マイヤー氏が投資を引き出すために親族の名前を出したと解釈されてしまったのであれば、謝罪する。これはマイヤー氏の意図とは異なる」と表明した。
【翻訳編集】AFPBB News