ニコニコ超会議の会場となる幕張メッセ(「Wikipedia」より)

写真拡大

 4月29日、30日に千葉県千葉市の幕張メッセで「ニコニコ超会議2017」(以下、ニコ超)が開催された。2012年に初開催されて以降、ニコ超は年を追うごとに規模を拡大してきた。ゴールデンウィークの風物詩ともなっているニコ超は、今年で6回目を数え、来場者は2日間で15万人を超える。もはや国民的イベントといえるまでに成長している。

 ニコニコ動画(以下、ニコ動)は、インターネットメディアとしては当初から政治コンテンツに力を入れてきた稀有なメディアであり、各省庁の大臣会見をはじめ民主党(当時)が実施した事業仕分けなども積極的に生配信してきた。ニコ動では、視聴者から集められた質問をユーザーに代わって質問するニコ動の政治記者・七尾功氏が人気になり、ユーザー間では「770」と表記されて親しまれている。

 とっつきにくい政治という分野を開拓し、人気コンテンツに成長させたニコ動の訴求力に目を付けた各政党は、ニコ動に公式チャンネルをこぞって開設。なんでも利用する政治家たちが、そんな多くの若者たちを魅了するニコ動主催イベント・ニコ超を見逃す手はない。ニコ超では、これまでいくつもの政党がブースを出展し、あの手この手でユーザーと直に触れ合い、支持の拡大に努めてきた。

 特に、2009年の政権交代で野党に転じた自民党は、インターネットでの広報戦略に力を入れるようになり、自民党ネットサポータークラブ(J-NSC)を発足。J-NSCが活動を開始すると、ネット上では強固な自民党支持層が形成されていった。

 彼らの力もあり、自民党は12年に政権与党に復帰。それだけに、安倍晋三首相をはじめ石破茂幹事長(当時)といった党重役はニコ超の会場に頻繁に足を運んで“営業活動”を怠らなかった。

 それは、自民党以外の政党でも変わらない。15年こそは統一地方選挙の準備のために各政党は超会議の準備が間に合わず大幅に規模は縮小されたが、ニコ超が普段は政治に興味を示さない若者たちを取り込む絶好の場であることは、どの党も認めるところだった。

●政党ブースは大幅に縮小

 ところが、今年のニコ超には異変が見られる。政党ブースは大幅に縮小され、自民党・公明党・民進党の3党だけしか出展していなかった。ネットをうまく取り込んでいる自民党はブースこそ出展しているものの、例年ほどには力が入っていない。

 安倍首相はゴールデンウィーク前にロシアとイギリスを訪問。外遊中という理由からスケジュール的に来場が難しかった。とはいえ、4月30日の朝には帰国しているので、スケジュールをやりくりすれば会場に足を運ぶことは可能だった。実際、14年は道中で公用車が事故に遭うというアクシデントに見舞われながらも、会場には時間通りに足を運んでいる。

 そんな力の入っていない自民党ブースで一人気を吐いていたのが、国民的人気が高い小泉進次郎議員だった。安倍首相や大物議員の代打として会場に顔を出した小泉議員は、持ち前のキャラクターと軽妙なトークで会場を沸かせた。そのほか、TPP担当大臣だった甘利明議員、元経産大臣の茂木敏充元議員などが来場したものの、現役閣僚は姿を現さなかった。

 ニコ超離れを起こしているのは自民党だけではない。公明党に至っては山口那津男代表や石井啓一国土交通大臣といった、数少ない顔の知られた議員が来場していない。公明党ブースに足を運んだ議員は何人かいたが、それなりに有名だったのは斉藤鉄夫元環境大臣ぐらい。公明党は、党のマスコットキャラクター「コメ助」のPRを熱心にしていたが、米を模したゆるキャラのため、まるでJAのブースと見間違えてしまうかのような光景だった。

 人気凋落中の民進党は、「VR蓮舫」という話題性抜群の秘密兵器を繰り出したこともあって多くの行列ができていた。自民党と同様にニコ動と相性がいいといわれてきた共産党は、出展すらしていない。そのほか日本維新の会、自由党、社会民主党・日本のこころなども出展していなかった。

●費用対効果

 なぜ、政党はニコ超から距離を置き始めているのか。ある政党の政策秘書は、こう話す。

「無党派層を取り込むことは大事ですが、ニコ超で政党ブースに足を運ぶ人たちが、どれほど選挙に行くのか、そして票を投じてくれるのか疑問です。支持してくれなくても、興味を持ってくれるだけでもありがたいのですが、それも未知数。ニコ超の出展料は高額ですから、費用対効果を考慮すると、出展は見合わないというのが実情です」

 日本政界に多大な貢献をしてきたニコ動&ニコ超と政党との関係性は、転換期を迎えているのかもしれない。
(文=小川裕夫/フリーランスライター)