ポルシェ・カレラカップ・レディもスタート前に登場

写真拡大

 ポルシェ・カレラカップは1990年にドイツで始まったレース。設立いらいモータースポーツと深くかかわってきたポルシェ肝煎りの伝統的なレースである。

 特徴はアマチュア参加型のレースであること。カップカーと通称される専用車両を使い(年式の違いで多少の差はあれど)イコールコンディションでの戦いとなる。

 ポルシェ・カレラカップ・ジャパン(PCCJ)は2001年に初めて開催。スーパーGT選手権など大きなレースの前座であることも多く、つねに注目されている。

 さる2017年5月3日に第3戦が、続く4日に第4戦が開催された。場所はともに富士スピードウェイである。

 第3戦は多重衝突などで8台リタイヤという波乱の幕開け。そこで優勝したのはポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)に今年から参戦するフィリップ・ハンプレヒト選手だった。

 2位は武井真司選手、3位はPCCAからスポット参戦した香港のヤン・ボー選手が入賞した。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)