プロ野球年俸調査で改めて実感する広島カープの凄さ

写真拡大

 5月1日、日本プロ野球選手会が今年度の年俸調査の結果を発表した。各球団の年俸合計をランキングにすると以下のようになる。

 順  球団        年俸合計     平均年俸

  1 福岡ソフトバンク  42億800万円    7013万円
  2 巨人        36億8653万円 6043万円
  3 阪神        25億3878万円   4162万円
  4 東京ヤクルト    22億4200万円   3737万円
  5 北海道日本ハム   21億9774万円   3488万円
  6 千葉ロッテ     21億7107万円   3446万円

  7 埼玉西武      20億3557万円   3283万円
  8 オリックス     19億6804万円   3336万円
  9 東北楽天      19億4986万円   3196万円
 10 中日        18億1390万円   2926万円
 11 広島        16億8806万円   2767万円
 12 横浜DeNA      15億8622万円   2600万円

 この結果を受けてメディアが話題として取り上げたのは、ソフトバンクが2年連続で巨人を抑えて1位になったことと、その平均年俸が史上初めて7000万円を超えたことだ。

 確かにこれはこれでトピックスではあるが、ファンはこのランキングを見て、別の感想も持ったのではないだろうか。

突出したソフト・巨人の高年俸
ただし金額と成績は必ずしも一致せず

 ひとつはソフトバンクと巨人の上位2球団が他を引き離す高年俸であること。また、年俸は球団が目指す勝利を得るための人件費、選手の能力や試合での活躍を見越した投資だが、必ずしもそれが成績に直結していないことだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)