【詳細】他の写真はこちら

今、モノを買おうと考えた時、有力な選択肢の1つとして絶対に外せないのが世界ナンバーワンの通販サービスAmazon。ただ便利で安いだけでなく、ユーザーの“本音”がつまったユーザーレビューなど、ベストバイへと導く仕掛けも充実している。それらの中でもとびっきりの買い得製品を本誌ライター陣が厳選セレクト! 今回取り上げるのは大手メーカーからインディーズメーカーまで、幅広い選択肢が充実しているAmazon.co.jpオーディオ部門。驚きのハイコスパ名機を見付け出す喜びを味わってほしい。

リーズナブルな良音快音アイテムが勢揃い



オーディオ製品を選ぶのは難しい。安価なモデルでもただ音を聴だけなら十分楽しめるが、音質の良いモデルを求めていくと、製品の価格帯は天井知らずな傾向となっていく。丸めてポケットに入れられるイヤホンでも10万円超えの製品すらある時代、安価なモデルを使ってはいけないのかとまで考えてしまう。

ご安心を。リーズナブルな製品の中にも選ぶべき価値のある音質のモデルがあるのだから。そこで高級グレードの音に迫るハイコストパフォーマンスなモデルを選んでみた。

例えば、JBLの『EVEREST ELITE 300』は、オートキャリブレーションという世界最高峰の革新性を持つモデル。2万円台ながら5万円級のワイヤレスノイズキャンセリング機に匹敵するサウンドを持つ。同機能は今後の技術トレンドとなりそうな予感もあり第1位とした。

第2位以下も“ジャイアントキリング”な製品揃い。特にLepyのオーディオアンプはルックスから想像できないほど、ハイクオリティでリアリティあるサウンドを送り出してくる。スピーカーを使っている人に試していただきたい。

BEST 1

デジタルなアプローチで音質を極める意欲作



JBL

EVEREST ELITE 300

Amazon販売価格:2万8352円

【SPEC】Bluetooth、ノイズキャンセル、連続使用時間:約10時間

リスナーごとに異なる耳の形をスキャニングして、最適な音楽空間となるように音質をチューニングする最新技術を採用。Bluetoothワイヤレス、ノイズキャンセリングというトレンドも取り入れたヘッドホン最強種だ。

ここが推しの理由



▲イヤーカップ側面にオートキャリブレーション機能・音楽操作・着信応答・電源操作ボタンを搭載しています。



▲折りたたみ機構付きで持ち運びもしやすい。一度の充電で約10時間持つ。日常的な使い方なら問題なし!

BEST 2

耳にぴったりとフィットして音を逃さず伝えてくれる



ロジクール

Ultimate Ears 100

Amazon販売価格:998円

カラフルでコンパクト。そして安い。デザイン偏重にも見えるがそうではない。リズムセクションとメロディラインの存在感が強く、ボーカル曲聴いたときの満足度は高い。ただしハイレゾ音源との相性はもう1つ。MP3やネット配信など、圧縮音源とのマッチングに優れている。

ここが推しの理由



▲カラバリが多く、好みのカラーを選べるのも同機のメリット。小型でフィッティングがカンタン。うまく耳に合わせたときの遮音性も抜群です。

BEST 3

フルサイズアンプに匹敵するノイズレスでクリアなトーン



Lepy

LP-2024A+

Amazon販売価格:3629円

【SPEC】2chステレオ、20W+20W

ケースそのものがヒートシンクという色気を一切感じないデザインだが、10kg級のアンプかと思えるほど解像度が高く微細音もしっかりと鳴らす。スピーカーの駆動力も高い。大型のフロアスピーカーも軽やかに鳴らす。

ここが推しの理由



▲高効率デジタルアンプを使って実現したシンプルな回路。スピーカーアンプとしては極めて安価で、改造してさらなる音質を目指す勇者も多い?

BEST 4

ドンとくるマッシブな重低音 ダンスミュージックに最適だ



アンバーテクノロジー

KZ ED9

Amazon販売価格:1080円

ノズルを交換することで音質の変化を楽しめる。フラットモードの高い解像度も捨てがたいが、重低音モードにしたときの濃密なドラム&ベースが実に気持ちいい。ライブハウスのような熱気あるサウンドを聴かせてくれる。

BEST 5

スマホサウンドを家でも楽しみたいなら1台欲しい



Amazon

Amazonベーシック BTV1

Amazon販売価格:3800円

【SPEC】Bluetooth、連続使用時間:約15時間

最大音量だと少々音が割れるものの、机の上で鳴らすボリューム域なら全く問題なし。バッテリーも長時間持つなど、2000円台でこのスペックは満足度高し。豊富なカラバリ展開も◎(ただし価格はカラーにより異なる)。

文/武者良太

※『デジモノステーション』2017年5月号より抜粋

※掲載しているAmazon販売価格は2017年5月1日時点のものです。

また、記事の内容についてアマゾンジャパン合同会社は一切の責任を負いません。

関連記事



BT&ノイキャン搭載の全部入りがトレンド【今「プレミアムヘッドホン」を買うならこれ一択

曽我部恵一さん。Astell&Kernの『KANN』で聴く「恋におちたら」、いかがでした?