スズキ・エスクードの欧州版である1996年の「Suzuki Vitara」を売りに出すにあたって、SUVの性能を十二分に見せつけるべくオフロードから砂漠、サバンナ、恐竜時代、世紀末、海底、月面まで走り抜ける映画顔負けのムービーがYouTubeで公開され、「今まで見た中で最高の宣伝だ」など絶賛されています。

#BuyMyVitara - Suzuki Vitara '96 for sale - YouTube

10年来の私のベストフレンド





それが「Suzuki Vitara '96」



LT235/75R15のオフロードタイヤを装着



舗装されていないオフロードでも……



ちょっとした沢でも運転可能。



1.6リットル直噴エンジン搭載……、というシーンからSuzuki Vitaraがありえない場所に行き始めます。



96馬力



新型触媒コンバーター搭載で環境に優しい仕様





ローギアを備えたマニュアル変速機を搭載。と言いながら走っているのはどこかのサバンナ。



THE レジェンド



THE ビースト



THE ヒーロー……、という宣伝文句の間に走っているのは、恐竜が走り回るジュラシックワールド的な空間。



どこでもドライブ可能、ということで走り始めたのは……



どこかの映画の世紀末。





さらに雪崩が発生した雪山で……



雪崩に巻き込まれながらも走り続けています。



さらにSuzuki Vitaraは海中に突入。



海底を走れるほどの性能に見えましたが……



「OK、これらすべての状況の走行経験があるわけではありません」と認めました。



正直になって吹っ切れてしまったのか、突如としてSuzuki Vitaraは宇宙空間へ。



「何が言いたいのかというと、とにかくすごいコンディションっていうことです」と説明しながら月面に降り立ち……



まさかの大爆発。



と思ったら復活して月面を走行。「古き良き時代に作られた耐久性」によるものだとのこと。



4基のスピーカーを搭載



NASAの宇宙飛行士のヘルメットに映っているのは、月面から離陸を始めたSuzuki Vitara。



月面を離れて地球に向かいます。



マーベルのスーパーヒーローのように地球に着陸。



「まだまだ使える」



「まだまだスマート」



「まだまだトレンディ」



「まだまだセクシー」



「#BuyMyVitara(私のビターラを買って)」



「Suzuki Vitara '96 for sale. It needs your love. And maybe some paint.(Suzuki Vitara '96販売中。これにはあなたの愛と、多分塗装も必要です)」ということで、ほしい人はFacebookアカウントからコンタクトをとってほしいとのこと。ただしYouTubeにはFacebookアカウントは記載されていません。